アメリカで始まる「幼稚園からのコンピューター教育」

写真拡大

米サンフランシスコ市は、コンピューター科学教育を幼稚園・保育園を含め、全学年に拡大することを発表。セールスフォース・ドットコムの慈善部門が資金を提供する。

「アメリカで始まる「幼稚園からのコンピューター教育」」の写真・リンク付きの記事はこちら

すべてのサンフランシスコ統一学区の生徒は、数年以内に、全学年でコンピューター科学を学習するようになる。

同市の教育委員会は6月9日夜(米国時間)、この議案を全会一致で承認した。この取り組みの資金は主に、セールスフォース・ドットコムの慈善部門である「Salesforce Foundation」が出すという。

エミリー・ミュレーズ教育委員長は、6月10日付けの声明で次のように述べた。「ITはサンフランシスコで最も急速に成長している職業セクターですが、コンピューター科学のスキルを学ぶ機会をもつ生徒の数は少な過ぎます。わたしたちは、こうした教育課程を幼稚園段階から始め、必要となる知識とスキルに基づく教育課程をつくりだす最前線に立つことになります」

また同教育委員会は以下のように続けている。「コンピューター教育については現在、国や州、地方の基準が存在せず、コンピューター科学教育に関する学術研究もかなり限られている。従って、コンピューター科学の知識とスキルを向上させる統一的な方法論はいまだに存在しない」

では、サンフランシスコの幼稚園や保育園は、どのようなかたちでコンピューター教育に取り組むのだろうか?

「おそらくは、ブロックでのロボット作成や、手順を踏んだ思考の概念の導入、因果関係、複雑な作業の分割、パターン認識、類似性や共通する相違点に気付く能力、抽象化とアルゴリズム設計、段階的な問題解決法を考え出す能力といったようなものになるだろう」とサンフランシスコ統一学区は説明している。

関連記事米コンピューター教育を後押しする、あの人の寄付

コンピューター技術者の需要は増え続けている。米労働統計局のデータによると、コンピューター科学者や情報研究科学者の雇用は、2012〜22年の10年間に15パーセント増加する見込みであり、これはすべての職業の平均値(11パーセント)を上回るという。また同じデータによると、米国におけるこの業種の平均給与は約102,000ドルだ。

しかし、教育体制は追いついていない。サンフランシスコの公立学校では、2014年春に「Advanced Placement(AP)Computer Science」テストを受けた生徒は「数百人」にとどまった[APとは、大学教養課程の単位として認定されるコースを高校で受けることができるシステム]。そのうち女性の割合は22パーセント。アフリカ系米国人やラテン系米国人、米国先住民などのマイノリティの割合は3パーセントだった。

TAG

Arstechnica USComputerEducationEducationLearning