8割の女性が結婚に不安アリ!独身時代にやっておくべき2つのこと

写真拡大

彼との付き合いも長くなり、そろそろ結婚を考えているけれど……真剣に考えれば考えるほど、本当にこのまま結婚してもいいのか、悩んでしまうことってありますよね。

結婚するとなると、今よりも自由な時間が少なくなるし、できなくなることもたくさんありそう。

そこで今回は、株式会社マーシュが実施した結婚観に関する調査を参考に、結婚前にやっておくべき2つのことをご紹介いたします。

 

 

■女性85%の人が結婚への不安があると回答

株式会社マーシュが実施した結婚観に関する調査で、「結婚に対する不安の有無」について聞いたところ、男性の64.5%、女性85.0%%が結婚への不安があると回答。男性よりも女性の方が、不安を感じやすい傾向にあるようですね。

具体的な不安について聞いてみると、男性は「時間の制約」「自分の収入」「お金の制約」が上位を占めました。一方、女性は「相手の親戚付き合い」が最も多く、それ以外にも、「貯金・資産」「家事」などを挙げる人が多かったようです。

結婚に対して「不安はない」と回答した人は僅か15%。多くの人が結婚に対して不安感を抱いていることは間違いなさそうです。

 

■結婚前にやっておくべきことって?

さまざまな不安がつきまとう“結婚”ですが、自由に使える時間が減ることも懸念のひとつ。時間のあるうちにやっておくべきこととは一体どんなことなのでしょう?

 

(1) 友達との旅行

結婚生活をはじめると、自分の好きなタイミングで遠出することは難しくなることも。

パートナーの性格にもよりますが、女友達と旅行にでかけられる回数も、きっと減ってしまうはず。結婚していない今だからこそ、女友達との時間を思う存分、楽しみましょう!

 

(2) 家事能力を磨いておく

実家暮らしが長いと、家事をする機会もあまりなかったりしますよね。そのまま、嫁いでしまうと、色々と大変なことに……。

家事に対して苦手意識があるなら、本格的に結婚の話が進む前に、料理教室などに通って、家事のスキルを磨いておきましょう。

 

いかがでしたか? 結婚は“家庭を築く”きっかけとなるとってもすてきなライフイベント。でも、家族のために“自分の時間”を犠牲にしなければならないことも出てくるでしょう。

一方、独身時代は寂しいと感じる瞬間はたくさんあるものの、自分の時間を贅沢につかえるメリットがあります。

結婚の話が本格的になってからではなく、時間がある今のうちに、お金を貯め、家事のスキルを磨いておいてみては?

 

【参考】

※ 結婚観に関する調査 - 株式会社マーシュ