狙い通りのヘディング弾…FW菅澤優衣香「あやさんと目が合った」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第2節が12日に行なわれ、グループCのなでしこジャパンはカメルーン女子代表と対戦。DF鮫島彩とFW菅澤優衣香が得点を挙げて2−1で勝利した。試合後、菅澤が記者団の取材に応じている。

 W杯初先発ながら、得意のヘディングシュートで決勝点を奪った菅澤。試合を振り返り「ワールドカップという夢の舞台でのゴールは気持ちよかったです。試合前から、点を取ろうと思っていました。すごく嬉しかった」と、大舞台でのゴールに喜びを爆発させた。

 続けて、得点シーンについては「相手はファーサイドの守備が弱いことは事前に分かっていたので、自分は最初から大裏に行こうと考えていました。キッカーの(宮間)あやさんと、私の感覚では、目が合った気がしています」と狙い通りの得点だったと明かし、ゴールをアシストしたMF宮間あやとはアイコンタクトで通じあっていたと述べている。

 なでしこジャパンは16日にグループステージ第3節のエクアドル女子代表戦を戦う。