DF熊谷、強力FWとの対峙にも強気「つぶせるように意識した」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第2節が12日に行なわれ、カメルーン女子代表と対戦したなでしこジャパンが2−1と勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。

 前半に2点を奪ったなでしこだったが、後半は相手に押し込まれる時間も多く、終盤に失点を喫するなど最後は苦しみながらの勝ち点3獲得となった。

 試合後、DF熊谷紗希は「2点いい時間帯に先制点、追加点と取れて、いい時間帯もあったんですけど、追加点がほしかったのと、後半バタバタして終了間際に失点してしまったのは、次に反省するべき点だと思います」と振り返っている。

 そして「前から蹴らせない、前からプレスをかけてボールを追うっていうのと、後ろはラインコントロールで相手のFWをコントロールすることっていうのを注意してやった中で、90分間通して自分たちの失い方が悪くて、カウンターというシーンがちょっと多かったので、シュートで終わるといった攻撃がはっきり終われるように、シュートを増やしていけるように次に向けて修正したいなと思います」と、反省点と改善すべき点を挙げた。

 第1節のエクアドル戦でハットトリックを決めたカメルーンFWガエル・エンガナムイットとのマッチアップについては「何回か入れ違ったり、やられたりもしましたけど、前を向かせないように、つぶせるようにというのを意識して臨みました」と話し、強気の姿勢で対峙していたことを明かした。

 最後に「グループリーグがあと1試合残っていて、1位通過をチームとして目指しているので、一丸となって全員の力でエクアドル戦を戦いたいと思います」と意気込みを語っている。

 なでしこジャパンは16日にグループステージ第3節でエクアドル女子代表と対戦する。