ケイティが宿敵テイラーに新曲でリベンジ!ディス曲『1984』で売られた喧嘩に反撃
 ケイティ・ペリー(30歳) が、かねてから不仲が噂されてきたテイラー・スウィフト(25歳)に対するディスソング『1984』を制作中だという情報が舞い込み、発売前から波紋を呼んでいます。

 関係者が『HollywoodLife.com』に語ったところによると、同曲は間違いなく以前からいがみ合ってきたテイラーへのリベンジソングになるとのこと。二人の間で燃え盛る怒りの炎が最頂点に達するだろうと報じています。

◆喧嘩を売ったのはテイラーから?

 ところでみなさんは、アメリカのトップアイドル二人が昨年からドロドロとした女の争いを続けているのをご存じでしょうか?

 事の発端は、昨年10月にテイラーが発表した最新アルバム『1989』に収録されていたポップチューン『Bad Blood』。

 壊れた友情を歌った同曲の意味をインタビューで聞かれたテイラーが、「この曲は長い間私を騙し続けたハリウッドの誰かさんに向けて作られたものなの」と明かしたからでした。

 個人名は伏せられていたものの、昔は友だちだと思っていたこと、バックダンサーを奪われた過去など具体例が数々挙げられていたため、その矛先はケイティに向けられていたということがすぐに判明。

 怒ったケイティがツイッターで「羊の皮を着たレッジーナ・ジョージに気をつけることね!」と、映画『ミーン・ガールズ』に登場するいじわるな女子高生の名前を引用して応酬し、女子同士のこわ〜い争いが勃発したのです。

◆ディス合戦はパフォーマンスで

 以来、テイラーとケイティはハリウッド公認の敬遠の仲に。エンドレスのディス合戦が始まりました。

 最も騒がれたのは、今年2月に開催されたスーパーボウルでのケイティのハーフタイムショー。テイラーが夏にビーチで来ていたものと瓜二つの水玉模様のビキニを着て熱唱し、派手に敵をディスりました。

 対するテイラーはなんと親友のセレーナ・ゴメス(22歳)を駆り出しての反撃。5月に行われたビルボード・ミュージックアワードで披露した『Bad Blood』の授賞式専用ビデオで、セレーナにケイティを思わせる黒髪ボブのウィッグを被せてディスパフォーマンスを繰り広げました。

◆タイトルはお互いの生まれ年

『US Weekly』によると、スーパーボウルのショーの前、インタビューに答えて「もしも誰かが私を中傷しようとしているなら、その人は私からの警告を聞くことになるわ」と語っていたというケイティ。

 その彼女がハンムラビ法典の精神で、“音楽による中傷には音楽による警告を!”と考えて作ったのが新曲の『1984』。

 このタイトル、背景を何も知らなければ単純に「な〜んだ!彼女が生まれた年じゃない」と取ることもできます。

 しかし、宿敵テイラーがケイティに対するディス曲を収録したのも、あちらの誕生年がタイトルになったアルバム『1989』。これをただの偶然と取るか因縁と取るかはあなた次第!

 トップアイドル二人の戦い……。果たしてどこまでヒートアップするのか、これからもおっかなビックリ見守っていきましょう!

Source:
『HollywoodLife.com』http://bit.ly/1B4dUGS
『US Weekly』http://usm.ag/1Gxbini

<TEXT/橘エコ>

【橘エコ】
アメリカ在住のアラフォー・ブロガー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。大学事務と米大手スーパーマーケット勤務の二足のわらじを履いてアメリカカルチャーの裏側を探る、自称アメカジスパイ。ハリウッド最新映画レビューやゴシップ情報などのほか、アメリカ女子を定点観測してはその実情をブログで発信中。WEBマガジン「milkik」では「アメかじシネマ」「愉快なアメリカ女子」を連載中(http://milkik.com/)