Doctors Me(ドクターズミー)- 育児の大敵、ツラい腰痛!医師がすすめる《3つの対策》

写真拡大

育児をしていると、どうしても腰が痛むことがが多くなりますよね。 気づいたら妊娠時からずっと腰痛を引きずっているという方も少なくないのではないかと思います。そんな腰の痛みに頭を抱えるあなたに、医師がおすすめする解消法を紹介!

■ そもそも、なぜ育児中は腰が痛くなりやすいの?

まず、赤ちゃんを抱いたり、おむつを取り替えたりといった腰に負担のかかる動きが多くなること。そして出産の際に、赤ちゃんを子宮から出すために骨盤が緩むことが原因だといわれています。

■ 医師がすすめる、3つの腰痛対策

1. かがむときに腰に負担をかけない
育児をするときは子供と目を合わせるために、かがみこむような姿勢をとることが多いものです。この姿勢だと上半身の体重をすべて、腰で支えることになるのでぎっくり腰などの深刻な症状の原因になることも……。これを避けるためには、背中をきちんと伸ばして、ひざを曲げた姿勢をとることが大切です。この姿勢で子どもと向き合うことで、腰の負担をある程度軽減させることができます。

2. 子どもを抱くときは全身を使って
子どもを抱き上げたり、抱っこして連れ歩くこともよくありますが、これも腰痛の原因に。腕を前に伸ばした姿勢になればなるほど、抱き上げるとき腕や腰に負担がかかるので、子どもを一旦抱き寄せて、体がぴったりくっついた状態で全身を使って抱き上げるようにすれば、より腰にやさしい抱き方になります。

3. 腰痛対策のグッズを利用する
<腰痛ベルト>
つらい腰痛を抑えるために有効です。ただし、使用法は正しく守らないとかえって悪影響が出る場合もありますので使用の際は気をつけましょう
<授乳クッション>
猫背になりやすい授乳時も、腰に負担のかかりにくい姿勢をサポートしてくれる。
<硬めめのベッドマット>
ベッドのマットが柔らかすぎると腰が沈み、腰痛が悪化することがあるので硬めのマットを使用するとよいでしょう。
<エクササイズ&ダイエット>
腰痛を改善してくれるエクササイズをしたり、腰への負担が高くなる肥満がある場合は適正体重まで減量をすることなども、腰痛改善には欠かせません。

■ 医師からのアドバイス

ただでさえ、何かとストレスのたまりやすい小さな子どもの育児中。そんなときには、ひとりで無理をせず、つらいようなら周囲に助けを求めることも大切です。
土日はご主人にお子さんを見てもらって軽いストレッチをしたり、腰をゆっくり休ませてウイークデーに備える、といったことも積極的に取り入れてください。