先制点の鮫島、味方のお膳立てに感謝「触れば入るようなボールがきた」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第2節が12日に行なわれ、グループCのなでしこジャパンはカメルーン女子代表と対戦。DF鮫島彩とFW菅澤優衣香が得点を挙げて2−1で勝利した。試合後、先制点を決めた鮫島がインタビューに応えている。

 開始早々に得点を奪いチームを勢いづけた鮫島。先制点については「右サイドでうまく崩せて、本当に触れば入るようなボールがきたので、ちゃんと決められてよかったと思います」と、ホッと一安心している様子。

 この日はサイド攻撃の担い手として先発メンバーに起用されたが、狙い通りプレー出来たか問われると「前半、サイドハーフをやっている時は得点後、なかなかボールが回らなくなってきたので、狙い通りとまでは、自分のサイドはいかなかったのかなと思います」と、得点こそ出来たが、満足する内容にまでは至らなかったことを明かした

 後半立ち上がりからはSBにポジションが移ったが、これについては「相手の3枚の選手がかなりスピードを持った選手だったので、そこをしっかりと抑えられればと思っていました」と、相手のカウンターを警戒しての策だったようだ。

 辛くも2連勝を遂げ、決勝T進出が決まったが、今後に向けては「勝ち点をしっかり積み重ねられたことは良かったと思いますけど、失点シーン含め、かなり課題は残っているので、そこをしっかりと修正していきたいと思います」とコメントし、16日のエクアドル女子代表戦には「大会はチーム全員での総力戦になると思うので、またみんなでしっかりと準備して臨みたいと思います」と意気込みを述べている。