冷や汗勝利のなでしこ佐々木監督「いつもハラハラさせてすいません」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015のグループステージ第2節が12日に行なわれ、グループCのなでしこジャパンはカメルーン女子代表と対戦。DF鮫島彩とFW菅澤優衣香が得点を挙げて2−1で勝利した。試合後、チームを率いる佐々木則夫監督がインタビューに応えている。

 開幕から2連勝で決勝トーナメント進出を一番乗りで決めたなでしこジャパン。しかし、試合は序盤で2点をリードしながらも、終盤は押し込まれて1点差に詰め寄られた。あわや同点の場面もあっただけに佐々木監督は「いつもすいません。ハラハラドキドキばかりさせて。後半の試合の運び方をもう少し考えなければいけませんけど、いずれにしても今の力だと思って次につなげていきたいと思います」と、反省点を挙げつつ今後に生かすと話した。

 続いて、試合全体を振り返り「立ち上がり、両サイドが最初にチャンスを作ってものにしたのが、大きかった。いずれにしても、カメルーンの前線はいずれもフィジカルの強いチームですので、こういったケースはあるかなと思っていました。最後の最後、慌てさせてしまいましたけど、これを反省に次、頑張ります」と、先制点に関しては狙い通りにサイドからチャンスを作れたことが要因であると語り、また失点の場面も想定内だった様子。

 16日に行われる第3戦のエクアドル女子代表戦に向けては「我々の戦い方、シンプルなパスミスが多かったので、そこを修正して次のステップにしなければいけないと思います」と、この日の反省点をしっかり修正して臨むことを誓っている。