Doctors Me(ドクターズミー)- 《栄養士提案》1日を快適に過ごすための、"理想の朝食"とは?

写真拡大

朝食は1日のエネルギー源!

充実した1日を過ごすには、朝食は重要です。朝食には脳の働きや健康に深い関係があり、朝食抜きの習慣が続くと、様々な体の不調や生活習慣病を招きやすくなります。

忙しい方にもおすすめしたい、体のエンジンがかかるとっておきの朝食のポイントを3つご紹介いたします!

ポイント1:和食がオススメ!

毎日ぐっすり眠り、規則的な生活リズムを作るために、洋食よりも和食が適しています。
・味噌汁
・納豆
・干物
…といった伝統的な日本の朝食メニューには、ビタミンB12が含まれていて、自律神経の働きを整えてくれます。
体内時計は自律神経によってコントロールされているため、自律神経がうまく働いていれば体内時計は1日24時間サイクルに正常に調整され、目覚めのよい朝が迎えられます。

トーストの場合は、エネルギー源になるたんぱく質を追加して、
・目玉焼き
・牛乳
・チーズ
・ヨーグルト
…などを一緒に食べるようにするとよいでしょう。

ポイント2:発酵食品と食物繊維

発酵食品や食物繊維の多い食品をとるように心がけましょう。

・発酵食品
醤油や味噌、納豆などの発酵食品は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

・食物繊維
腸内を刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう)を助け、便秘を解消する役割があります。

胃腸の働きを活発にし、また毎日決まった時間に食べることで、排便のリズムができます。

ポイント3:しっかり噛んで食べられるメニューを!

起きぬけの胃腸への負担を軽減するためにも、脳を刺激し脳を活性化させるためにも、よく噛んで食べられるメニューがよいでしょう。

噛むことで満腹感もえられ、食べ過ぎ防止につながりますし、唾液が多く分泌され消化も促進されます。

3つのポイントを踏まえたオススメは…?

おすすめは具だくさん味噌汁です。
根菜や豆腐、海藻などたくさんの食材をみそ汁にすることで、ミネラルやビタミンも一緒にとれます。

忙しくなかなか食べる時間のない方にはスムージーなどの野菜ジュースがおすすめです。一緒にはちみつやヨーグルトを加えると、野菜のビタミンの他にたんぱく質や糖分も補給できるので1日の活力になります。