スポーティーさにこだわったコラボレーションモデル

写真拡大

オリエント時計(東京都千代田区)は、「SPEEDTECH(スピードテック)×BRZ コラボレーションモデル」を2015年7月4日に世界限定発売(1000本)する。

「SPEEDTECH」シリーズは13年10月からグローバル展開を開始した本格スポーティーモデル。

新作は、12年から4年連続でスポンサードするスバルテクニカインターナショナル(東京都三鷹市)のSUPER GTマシン「SUBARU BRZ GT300」とコラボした世界限定モデル。スポーティーかつ本格的な日本製時計で、20代〜40代の男性をターゲットに、ステンレス、アルミ、カーボンなどの異素材をミックスした斬新で重厚なデザインが特徴。

ブラック色めっきを施したケースとウレタンバンドを組み合わせ、バンド取付部の六角形は「SUBARU BRZ GT300」のフロントグリルをイメージ。スポーティーな印象にこだわった。ケースのベゼル部分にはブルーのアルミ材を使ったクールなカラーリング。

全体をスピードメーターに見立てたダイヤルは、ブラックベースで目盛りはオレンジ色。6時と10時位置の時刻表記部分を白で統一し高い視認性を実現した。さらに、ローターが回転して自動的に発電と充電を行う「ERS(Energy Recovery System)機構」を搭載。

9時位置に「SUBARU BRZ GT300」のロゴを、裏蓋にはシリアルナンバーを刻印。また、ロゴが印刷された専用ボックスをセットにするなど、モータースポーツファンには嬉しいプレミアム感満載だ。

価格は6万円(税別)。