NASAの火星着陸用「円盤」、飛行実験は失敗に終わる(動画あり)

写真拡大

火星ミッションに向けてNASAが開発している、「空飛ぶ円盤」のような「低密度超音速減速機」(LDSD)の試験飛行が行われた。パラシュートが開かなかったため、正常な着水ができず海に落下した。

「NASAの火星着陸用「円盤」、飛行実験は失敗に終わる(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

将来の火星ミッションのために設計された、「空飛ぶ円盤」のような米航空宇宙局(NASA)の「低密度超音速減速機」(Low Density Supersonic Decelerator:LDSD)の2回目の試験飛行が6月8日(米国時間)に行われたが、超音速用のパラシュートがうまく膨らまなかったため、正常な着水ができず海に落下した。

搭載されたパラシュートは幅約30mと、これまでに試験が行われた同種の装置のなかで最も大きいもので、ハワイのカウアイ島沖の太平洋にLDSDをそっと着水させるはずだった。しかし、パラシュートの稼動失敗で、LDSDは予想よりもかなり優雅さに欠ける方法で海に突入したという。

LDSDは、非常に希薄な火星の大気のなかで宇宙船を安全に着地させるために、2億3,000万ドルをかけて行われているNASAのプロジェクトの一環だ。

関連記事2014年の試験飛行の際には、映像も公開された

幅が5m近いLDSDは、カウアイ島にある米海軍の太平洋ミサイル試射場から上空に向かった。超大型のヘリウム気球で3時間かけて高度約36,000mまで運ばれてから気球から切り離され、その後ロケットで55,000mまで上昇した。

And we’re off! #LDSD test vehicle has launched on its balloon ascending to 120,000 ft. Watch: http://t.co/KX5g7yYnYG pic.twitter.com/xCTC0jz77n

― NASA (@NASA) 2015, 6月 8

その後、落下を開始。まずはドーナツ型の減速装置「超音速膨張式空力減速機」(Supersonic Inflatable Aerodynamic Decelerator:SIAD-R)を膨らませて下降速度をマッハ2.5まで減速(日本語版記事)、その後超音速パラシュートが開くはずだったが、今回の実験ではパラシュートが正常に開かず、LDSDはそのまま海に落下した(SIAD-Rは問題なく膨張したという)。

2014年に行われたLDSDのデヴュー飛行でも同様の不具合が発生したため、NASAのジェット推進研究所ではパラシュートの設計を変更し、強度を高めていた。今回の失敗の原因は調査中だという。

NASAは、重量があり、高速で移動する宇宙船を火星に安全に着陸させることを目指し、超音速制動システムの研究を5年近く続けている。

(関連記事)火星へ「半分の時間」で行く方法

TAG

LDSDMarsNASAVideo GameWIRED UK