<KPMG女子PGA選手権 2日目◇13日◇ウェストチェスターCC(6,670ヤード・パー73)>
 米国女子メジャー第2戦「KPMG女子PGA選手権」2日目。初日に苦しい立ち上がりとなった日本勢だが、横峯さくら、宮里美香がともにトータル1アンダー・32位タイにつけて予選突破を果たした。また野村敏京もトータルイーブンで通過。上原彩子は2日目に“79”と崩れ、予選落ちとなった。
USLPGAをフォトギャラリーでチェック!
 2日間を終えて、8アンダーで首位に立ったのはキム・セヨン(韓国)。続いてディフェンディングチャンピオンのインビー・パーク(韓国)とカリー・ウェブ(豪州)が1打差で追っている。
 また2日目に“66”をだしたスーザン・ペターセン(ノルウェー)が2位差・4位タイに急浮上している。
【2日目の順位】
1位:キム・セヨン(-8)
2位T:インビー・パーク(-7)
2位T:カリー・ウェブ(-7)
4位T:スーザン・ペターセン(-6)
4位T:ブルック・ヘンダーソン(-6)
6位T:ステイシー・ルイス(-5)
6位T:ジェニー・シン(-5)
32位T:横峯さくら(-1)
32位T:宮里美香(-1)
47位T:野村敏京(E)
120位T:上原彩子(+7)
<ゴルフ情報ALBA.Net>