Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠してから便秘気味…便秘の原因2つ & 解消法!

写真拡大

妊娠中の便秘の理由は2つ

妊娠中には、便秘になりやすいと言われています。
それまで便秘とは無縁だった方でも、妊娠してから便秘に悩まされるケースが、少なくありません。妊娠中、便秘になる理由は、大きくわけて2つ。

1:ホルモンの影響
妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが多量に分泌されますが、このホルモンには腸の働きを抑制する作用があります。

2:子宮が腸を圧迫
お腹の赤ちゃんが大きくなることで、子宮が腸を圧迫することで腸の幅がせばまって肛門付近で便が詰まったり、排便反射が鈍くなってしまうことがあるのです。それにより、排便しづらくなります。もともと便秘気味の方は、さらなる注意が必要です。

妊娠中の便秘を解消するには……

便秘を解消するために大切なのは、なんといっても「健康的な生活」です。
バランスのいい食事をとり、適度な運動をし、規則正しいリズムで生活を送ることが欠かせません。また、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

<食事で気を付けること>
1:朝食は毎日必ず食べる
2:水分を毎日1L以上飲む
3:食物繊維をしっかりとる
4:適度に油分をとる
5:ヨーグルトなどの発酵食品をとる

<生活で気をつけること>
1:毎日決まったリズムで生活する
2:便秘薬は上手に使うことが大切
3:早寝、早起きを心がけること

<運動で気をつけること>
1:寝起きの運動で体を目覚めさせる
2:適度な運動を毎日の習慣にする

まとめ

これらのことは、妊娠中に限らず、日常的に便秘で悩まれている方にとっても、必要なことになります。ただ、妊娠中の無理は禁物なので、自分の体調に合わせてできることから行っていくようにしましょう。