サイドが中に絞るハリル流4-2-3-1では、本田の良さはさらに際立つと岩本氏は分析する。写真:田中研治

写真拡大 (全2枚)

 イラクと対戦した日本は4-0の完勝を収めた。
 
 試合全体を振り返れば、日本に大きな問題はなかった。後半は少し停滞する時間帯はあったにせよ、前半の内容はほぼパーフェクトだった。

【マッチレポート|日本 4-0 イラク】

 開始から10分までに、本田、槙野のゴールで2点を奪った。序盤からフル回転で、相手が準備を整える前に、一気にたたみ掛けて得点につなげられたのは大きかった。
 
 ハリルジャパンの持ち味のひとつである縦への速さは、柴崎から本田へとつなげた先制点に凝縮されていた。出し手と受け手の呼吸が合った、チーム戦術の浸透度がよく見て取れるファインゴールだった。
 
 システム的な観点で言えば、今の代表は4-2-3-1を採用していて、この布陣だと2列目の両サイドはワイドに開くのがわりと一般的だと思う。
 
 ただ、今の日本の両サイドはワイドにあまり開かず、中に絞る傾向が強い。おそらく、ハリルホジッチ監督もそのように指示しているはずだけど、右サイドの本田はスピードを武器にするタイプじゃないだけに、現在のスタイルはむしろ合っていると思う。
 
 1点目を見ても、例えばあの場面でワイドに張っていたら、そこで受けてからのクロスという流れになっていたはず。だけど、本田が中央寄りにポジションを取っていることで、スルーパスから裏に抜け出せて、そのままシュートまで持ち込めた。
 
 ゴールへの最短距離を意識して、手数をかけずに奪った先制点に、チームとしての成果を十分に感じられた。
 
 本田に関してさらに言えば、彼は中に絞ってプレーする機会が増えるだろうから、カットインからの左足のシュートはもちろん、右SBとの連係が鍵になってくる。
 
 そもそも、本田はそのフィジカルの強さを活かしたキープ力も持ち味のひとつ。前線でボールを収められれば、チームを落ち着かせられる。それは縦に速いサッカーをするなかでも、絶妙なアクセントになるはず。そういう意味では、相手のレベルが上がれば上がるほど、本田の存在感は際立ってくると思う。
 
 縦への速さというスタイルについては、足もとで無駄にこねくり回すようなことはしないで、『パスを出したら裏に抜ける』という一連の動作が繰り返されていた。
 
 中盤をコンパクトにして、2列目の3人とCFひとりの計4人は近い距離を保ちながら、パスをつないで、より縦を意識して仕掛けていく。漠然と裏に放り込むのではなく、“常に裏を狙っていますよ”という姿勢を示す。
 
 そうしたスタンスが功を奏したのが、原口が決めた4点目だったとも言える。縦に入れたボールをDFにクリアされるけど、セカンドボールを拾った原口がドリブルで相手を振り切って流し込んでみせた。
 
 完全にイラクのDFの足が追い付いていなかったけど、それも前半から執拗に縦を狙い、裏を突いたことがボディブローのように効いて、確実に相手の体力を消耗させたのだろう。
 
 パスワークという点では、ワンタッチ、ツータッチを重視するけど、それが表現されていたのが3点目。宇佐美のドリブルから岡崎に渡ってネットを揺らしたけど、宇佐美に渡る前段階で、ハーフウェーライン付近では本田→香川→柴崎とテンポ良くワンタッチでつないで、宇佐美を前向きにさせるパスを通していた。
 懸念材料を挙げるとすれば、守備面でクロス対応がやや不安定だったし、ロングボールを入れられた時のCBの処理もルーズな場面が見て取れた。
 
 全体的にライン設定は高くしているだけに、その背後を狙われたり、GKとCBの間に落とされた時のリアクションは改めて確認すべきだと思う。
 
 個人で見ると、長友のパフォーマンスには不安を覚えずにはいられなかった。昨季は怪我などでコンディションを落として、まだまだ本調子でないのは承知しているけど、攻撃参加のタイミングには疑問を感じた。
 
 同サイドの宇佐美を追い越すシーンは何度かあった。だけど、言葉は悪いかもしれないけど、ただ走っているだけ。それでは相手からすれば怖くないし、クロスの精度も決して高くなかった。宇佐美とのコンビネーションもほとんど機能していなかった。
 
 ハリルジャパンの縦に速いサッカーでは、オーバーラップのタイミングを図るのは難しいのかもしれない。その点でもしかしたら苦労するのかもしれないけど、実績のある選手だけに、今後に期待したい。
 
 それから、香川も本来の実力からは程遠い内容だった。10段階評価で言えば「5」。ハリルジャパンのスタイルはドルトムントに近いから、もっと活躍してもいいはずだけど、イラク戦に関しては、彼はどちらかと言うと単なる“中継地点”になっていた印象だ。
 
 柴崎から本田に縦パスが入り、そこから岡崎に預けてからの落としに香川、なら分かる。でも、現状は香川を経由して岡崎または両サイドへ展開という流れで、3人目の動き出しでのリターンをなかなか受けられず、中盤に埋没してしまっていた。
 
 それを解消するためには、最終ラインやボランチのビルドアップに、香川は直接的に関与しないほうがいいと思う。チームとしてのボールの運び方の約束事があるのかもしれないけど、例えばボランチから岡崎に当てて、そこから宇佐美や本田に落としてから香川が裏に抜け出すとか、そういう動きをさらに意識すれば、香川のストロングな部分は発揮されてくると思う。
 
 もっと言えば、最終ラインから対角線上に斜めのロングボールをサイドに入れるようにする。そうすると相手のDFは本田なり宇佐美にまずは視線が集まる。そこでサイドのふたりがワンタッチで岡崎に入れると、今度は相手DFは岡崎に集中する。そうやって敵の意識を動かしている隙に、香川が裏に抜け出す。そこで岡崎から香川にパスが出れば、決定的なチャンスになる確率はグッと高まる。
 
 香川も長友と同じように、実力者であるのは間違いない。彼らが本来の力を発揮できれば、日本はもっと強くなれるはずだ。
 
取材・構成:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)