Doctors Me(ドクターズミー)- 実は危険な【目】の日焼け!予防法をご紹介!

写真拡大

眼も紫外線を受けることで日焼け状態になることをご存知でしょうか。

眼は皮膚のように紫外線を浴びたからといって、日焼けして黒くなるというわけではありませんが、炎症がおきます。角膜や水晶体といわれる眼の外側に近い組織には、眼の日焼けを守る役割がありますが、紫外線を浴び続けることによって悪影響があります。

眼が日焼けするとどうなるの?

まず、角膜が炎症を起こすことによって次の不快な症状があります。紫外線角膜炎と呼ばれます。
 
・眼の充血
・まぶしい
・ゴロゴロとした異物感
・眼を開けるのがつらい
・眼が乾燥する
・涙が止まらない
・眼がかゆい
・眼が痛い
 
また眼の水晶体が炎症をおこし、白濁していきます。この長年の影響が生じた結果が白内障です。白内障は老化の一つではありますが、その症状として、視力低下や視界のぼやけた感じがあらわれます。

眼の炎症だけじゃない……!眼から体も日焼けする?

実は、眼から紫外線を浴びることによって、衣類を着用している部分にまで、日焼けを起こす可能性があります。

これはマウスの実験結果より説明されています。これまでの常識では、皮膚が紫外線を受けてメラニン色素が作られ皮膚が黒くなるといったものですが、眼から紫外線が入り、炎症が脳のある部分に働くことで、皮膚が紫外線を受けているという信号に変わり、その結果、関係なさそうな皮膚も部位も日焼けを起こしたようになるという事です。

にわかには信じがたい出来事ですが、日焼け予防を本気で行うのであれば、眼のUVケア対策をしておく必要がありそうです。

眼の日焼け防止法はサングラス以外にある?

眼の日焼けを予防するには、サングラスの他に以下の方法があります。

・つばの長い帽子
・サンバイザー
・日傘

眼に入る紫外線の90%はサングラスをかけることで防ぐことが出来ます。
またUV対策メガネやコンタクトレンズといったものもあります。

医師からのアドバイス

眼の日焼けも様々な弊害をひきおこすので、皮膚に日焼け止めを塗ったり日焼け対策をするように、サングラスなどで予防しましょう。 また、眼のUV対策は、白内障から眼を守るアンチエイジングとしても効果的です。