Doctors Me(ドクターズミー)- 育児に向いていないかも? そんなママの育児との向き合い方

写真拡大

「私って育児に向いてないのかも」……なんて思ったことはありませんか?

きっと、子育てをしていく中で、ほぼすべてのお母さんがそんな風に感じたり、悩んだりしたことがあるのではないかと思います。 今回はそんな悩めるママのために、子育てに詳しい医師に、お子さんとの向き合い方について聞いてきました!

育児中は誰もがブルーになりやすいのは何故?

子供が生まれると、生活が一気に子供一色になり、本当に息をつく暇もなくなります。それまで自分が大切にしてきた、仕事であったり、趣味であったり、友人たちとの時間などは全て、子供の存在によってバランスが変わります。

特に子供が小さいうちは、熱を出したり体調を崩すことも多く、何の予定も立てられない、という時期が続きますよね。 子供が生まれて「自分の子供がこんなにかわいいと思わなかった」と思うのと同時に、「こんなに大変なものだと思わなかった」というのもやはり、多くのお母さんの本音ではないでしょうか。

夜間授乳にはじまって、夜泣きや病気の時の看病など、睡眠時間が削られることが多いのも、気持ちが落ち込む原因になりますよね。

育児も子どもの成長も周りと比べず、マイペースに!

ただ実際のところ、育児にとても向いている人などいないのではないでしょうか。子供が好きで、それを職業にしている保母さんや幼稚園の先生であっても、自分の子供が生まれると24時間続く「お母さん業」が大変すぎてダウンする人もいるほどです。

育児をしていてつらいのは、やはり自分で「完璧にやりたい」とどこかで思ってしまうからではないでしょうか。また、子供が可愛いために、どこかで子供にも過度な期待をしてしまうことも大きな原因の一つだと思います。

特に、離乳食やトイレトレーニングなどで同じ月齢の子供と比べたり、「まだ○○が出来ないのは遅いんじゃない?」といった周囲の無責任な発言に動揺してしまったりすることが、初めての子育て中のお母さんには多いと思います。