先輩・中村俊輔の言葉を噛み締める岡崎「愛情のある苦言をくれた」

写真拡大

 マインツに所属する日本代表FW岡崎慎司が、横浜F・マリノス所属の元日本代表MF中村俊輔へ感謝の気持を綴っている。

 2008年に22歳で日本代表へ初選出された岡崎。代表入り当初、中村から「29歳になったら動けなくなる」と言われたと、自身の公式ツイッターで12日に明かした。それでも当時、「ただ走るだけじゃなく考えてサッカーしよう」と、苦言を前向きにとらえたという。

 29歳となった現在、岡崎は「俊さんは間違いなく愛情のある苦言をくれた。そして先日俊さんに会った時、僕は今29歳です。と報告できました!これからも沢山学びたい」と中村の言葉を噛み締め、意気込みを口にしている。

 日本代表は、16日に行われるロシア・ワールドカップのアジア2次予選でシンガポール代表と対戦する。