負傷離脱した清武の早期復帰を願う酒井宏樹「すごく必要な選手」

写真拡大

 11日のキリンチャレンジカップ2015でイラク代表に4−0の快勝を収めた日本代表。12日には、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選となる16日のシンガポール代表選に向けてトレーニングを行った。

 前日のイラク戦にフル出場したDF酒井宏樹(ハノーファー)が、トレーニング後、記者団の取材に応じている。

 まずは試合について問われると「うーん、難しいですね。勝ったのが全てですし、結果が全てだと思います。(イラクは)コンディションとか時差とかもあったでしょうし、あれがアウェーになったときどういう結果になるかはわからないので」と、ホームで戦えたアドバンテージが大きかったと話した。

 合宿でのハードな練習が試合に活きたかどうかは、「昨日すごい走れてる感じはありましたけど、終わってからの疲労感はすごかったので。また細かいデータを見てどれだけ走れてたかチェックしますけど、わからないです」とコメントしている。

 負傷で代表を離れることとなったハノーファーのチームメートでもあるMF清武弘嗣については「シーズンに間に合うように手術をするということで、チームもすごくスピーディーな対応でした。キヨ君自身、すごく勇気のいる決断だったと思うし、すごく必要な選手なので早く戻ってきてほしいですし、早く治ることを期待してます」と早期復帰を願った。

 同選手のけがの原因を聞かれると「シーズン終わって、僕らは残留争いをしてたのでいろんなプレッシャーの中でストレスもありましたし。(ぶつかったとか)そういうわけじゃないと思います。まあ下も硬かったですし」との見解を示し、「みんな仲いいので、いつ手術するかとかそういう話はしました。ハノーファーの監督からも連絡きましたし。日本人を信頼してるって言ってました。まあほんと、早く治ることを祈ります」と話した。