熾烈な正GK争い…準備をおこたらない西川「毎日がホントに勝負」

写真拡大

 日本代表は12日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選初戦となる16日のシンガポール代表戦に向けて、埼玉県内でトレーニングを行った。練習後、浦和レッズのGK西川周作が記者団の取材に応じている。

 11日に行なわれたキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦で、日本代表は4−0の快勝を収めた。同試合ではスタンダール・リエージュのGK川島永嗣がゴールマウスに立ったが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がしくGK4人体制については「(監督が)1つのメッセージとして言っているのは、競争心を高めるって部分で、常にいい準備をしてないと試合出場のチャンスはないと思います。毎日毎日がホントに勝負だと思ってるので、自分らしく楽しんでやれればと思ってます」と、高い競争の中でも楽しくプレーすることを意識していると話した。

 イラク戦はピッチの外から見ることになったが、試合を見た上でフィードバックした部分については「日本のやり方だったりっていうのを見ながら、当たり前なんですけど、GKの目線として相手のGKの動きだったりを見ていました。(イラクが)失点した時、GKとしてどういう準備をしていれば一番ベストだったかなとか、相手チームを見ながらいろいろと情報を得て、それを自分のものにしながらいろいろと(川島)永嗣さんのプレーだったり、相手のGKだったりを見ていました」と、場面場面を想定しながら戦況を見守っていた模様だ。

 攻め込まれるシーンは少なかったものの、川島とDF槙野智章が交錯する場面など、守備陣の連携に不安が残る局面もあったが、これについては「ピンチがない、シュートがない中で、やっぱりああいう連携ミスでやられるっていうことは今後、あるかもしれないですし、そういった点を気を付けていかないといけないと思います。背後のボールだったりはGKが処理するように監督から求められているので、常ににトライはしながら、そこでまた反省点が出たら、次に生かせればいいかなと思っているので、同じ意識で見てました」と、監督から求められる部分を意識して、今後に生かしたいと述べている。

 シンガポール戦が行われる埼玉スタジアムは、所属クラブの浦和の本拠地でもある。ホームスタジアムでプレー出来ることについては「まず埼玉でできることが嬉しいですし、今、すごくチームの雰囲気がいいので、頑張りたいと思います」と意気込みを語った。