W杯予選初戦で古巣凱旋へ…原口「慣れてる景色の方がやりやすい」

写真拡大

 11日に行なわれたキリンチャレンジカップ2015でイラク代表と対戦し4−0で勝利した日本代表は、一夜明けた12日に埼玉へ移動しトレーニングを行った。練習後、同試合で途中出場し代表初ゴールを決めたFW原口元気が記者団の取材に応じている。

 同試合を振り返った原口は、「前向いた時にはゴールに近いと思うんで。もう少し真ん中でやれる自信がついたら真ん中も面白いと思います」とトップ下でのプレーについて感想を語ると、「今はサイドの方が慣れてるので、景色と言うか、感覚的に、自信があるのはサイドではあります」とサイドでのプレーに自信があると強調した。

 16日には、ロシア・ワールドカップの2次予選初戦でシンガポール代表と対戦する。同試合は埼玉スタジアムで行なわれるため、昨年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに移籍した原口にとっては、古巣のホームに凱旋となる。

 原口は、「サブグラウンドですけど、埼玉スタジアムに戻って来れて嬉しい気持ちはあります」とコメントすると、「埼玉スタジアムでやれるっていうのは、すごいモチベーション上がります」と、移籍してもなお、古巣への強い愛着を明かした。

 そしてシンガポール戦を見据えて、「たぶんピッチに入ったら、見える景色っていうのは慣れてる景色の方がやりやすいですし、いいイメージを持ってできるんじゃないかと思います」と古巣のピッチでの試合へ前向きにコメント。さらに、「代表のユニフォームを着て埼スタに戻って来れたのをプラスに捉えて、いいことだと思いますし、これが続けられるようにしたいと思います」と代表定着へ意気込みを語った。