7日から11日にかけて、歌手のカルメン・マキがTwitter上で、自身の歌う曲のカバーをめぐって、女性4人組バンド「キノコホテル」のメンバーとトラブルになる事態が発生した。

カルメン・マキは、キノコホテルがライブハウスで自身の曲「ノイジー・ベイビー」を演奏したのを見かけたようで、「全然売れなかった、多分当時にしては奇異な作品を、よく知ってるなぁ」などと嬉しそうに語っていた。




ところが、カルメン・マキは、「ノイジー・ベイビー」がキノコホテルのオリジナル曲だと認識する人がいることを知り、態度を一変させたようだ。その後のやり取りで「私の曲をキノコホテルやパンタの曲だと思っている人もいてショックでした」と漏らし、「音楽家が他人の曲をカバーする時には普通、相手の了解を得るもの」などと苦言を呈した。










すると、そこに音楽プロデューサーのサミー前田氏が割って入り、カルメン・マキに「以前『ノイジー・ベイビー』をカバーするとの報告をしたこと」「作曲者のクニ河内氏から事前許諾ももらっていること」などを挙げて、弁明に努めた。







しかし、カルメン・マキは「事前にも、その後も、正式なお話は受けていません」と、カバーの相談はなかったとし、サミー前田氏に反論。そして、このカバーは音源化されているのかどうか尋ねたのだ。







そして、カルメン・マキは、サミー前田氏が制作を担当したアルバム『マリアンヌの逆襲』に音源が収録されていることを知ると、「何の連絡もなく音源自体も送られてきていない」「このような事は初めてです」などと厳しく責め立てたのだ。







サミー前田氏は、すぐさま不始末を謝罪し、然るべき対応を取ると約束したが、カルメン・マキは「ロックなんて、もうとうにないですよ。少なくとも日本にはね」とつづりながら不満をあらわにした。







一連の騒動に対して、「キノコホテル」のボーカルを務めるマリアンヌ東雲は、「ノイジー・ベイビー」のカバーの音源化に際して、クニ河内氏から快諾の意思とともに「若い世代が演(や)ってくれるとは」との感謝を受けたことを明かした。

また、マリアンヌ東雲は「歌い手の方が何やら今更騒いでらっしゃる」ことを理由として、同曲のカバーを「もう二度と演らないと決めました」と宣言している。




これに、カルメン・マキも負けじと、「ミュージシャンには常識知らずの自己陶酔型が多いのでいたしかたない」と反撃し、「仮に相手が私ではなかったとしても、先人に対するリスペクトや楽曲の良さ、は重要ではなかったのだと解釈されます」「彼女の45年後が観たいです。頑張って下さい」などと、皮肉交じりに批判している。

















【関連記事】
ナインティナイン・岡村隆史がロックバンド・back numberのラジオ番組に録音があると漏らす
元・大事MANブラザーズバンドの立川俊之が毒舌を連発「歌で伝えたいことが無い」
イギリスのバンド「ナパーム・デス」がテレ東番組に偶然出演、「世界一短い曲」を披露