世界七不思議をまわってガンを克服!?どん底から這い上がった女性の「旅」に感動

写真拡大

メーガン・サリバンさんにとって、2014年はとても大変な年でした。ヨセミテ国立公園で、ロッククライミングをしている途中に転落し、バイク事故で車に轢かれ、その治療の最中に皮膚ガンであると宣告されました…これらすべてのことが、たった1ヶ月の間に起こったというのです。

普通の人なら落ち込んで立ち直れないかもしれません。でも、メーガンさんの場合は違いました。度重なる不幸に見舞われたことで人生の大切さに気づき、仲間と共に一生に一度の旅――世界七不思議とされている万里の長城やマチュ・ピチュなど7つの建造物を巡る旅に出たのです。

取得できた休暇はわずか13日間。7つの建造物をまわるのに、普通の人なら1ヶ月はかかるところですが、たった13日間でまわることに決意。見事にやり遂げました。
ここからは実際に訪れた場所を彼女の写真とともに紹介していきます。

Day.1
チチェン・イッツァ
(メキシコ)

Day.2
マチュ・ピチュ
(ペルー)

Day.4
コルコバードのキリスト像
(ブラジル)

Day6.
コロッセオ
(イタリア)

Day8.
ペトラ遺跡
(ヨルダン)

Day11.
タージ・マハル
(インド)

Day13.
万里の長城
(中国)

そしてこの旅を終えた後に、彼女はガンを克服できたと言います。その旅の様子はビデオにもまとめられ、YouTubeにアップされています。彼女のポジティブなパワーを感じたい人は、動画もチェックしてみて!

Licensed material used with permission by Megan Sullivan