ボランチとして及第点の働きを見せた長谷部。ミックスゾーンでこのキャプテンが口にした課題とは? 写真:サッカーダイジェスト

写真拡大 (全2枚)

 決して弱小ではないが、決して強くもなかった。「アジアのベイル」ことアリ・アドナンを筆頭に主力数人を欠く“中途半端”なイラクにホームで圧勝したところで、どの程度の価値があったのだろうか。
 
 もちろん日本だけのプレーで判断すれば、前半に中盤を支配した柴崎、冷静に先制点を決めた本田、持ち前のテクニックで決定機を演出した宇佐美ら、目を引く活躍をした選手は少なからずいた。チームとしても、3月シリーズに続き縦に速い攻撃を意図的に繰り出しており、ハリルイズムは確実に浸透しつつある印象を受けた。
 
 しかし一方で、日本が主導権を握れたのは単にイラクの戦うスタンスが温すぎたからと、そんな見方もできた。例えば開始5分に先制した場面では、結果的にアシストする柴崎へのプレスも、得点する本田への警戒心もほとんどなかった。

 この日のイラクはまさに「お客さん」で、16日から始まるワールドカップ・アジア2次予選に向けたスパーリングパートナーとしては不十分だった。
 
 おそらく今回のアジア2次予選で、イラクのように中途半端にラインを上げてくるチームはないだろう。最終予選に勝ち上がるうえでは、ベタ引きする相手をどう攻略するかがひとつのポイントになるはずで、その意味でイラク戦はサンプルにならなかった。
 

■今後のスケジュール(日本サッカー協会発表)

日付
カテゴリー/対戦国(H&A)

15年6月16日(火)
W杯アジア2次予選/シンガポール(H)

      8月2日(日)
東アジアカップ/北朝鮮(N)

   8月5日(水)
東アジアカップ/韓国(N)

   8月9日(日)
東アジアカップ/中国(N)

   9月3日(木)
W杯アジア2次予選/カンボジア(H)

   9月8日(火)
W杯アジア2次予選/アフガニスタン(A)

  10月8日(木)
W杯アジア2次予選/シリア(A)

  11月12日(木)
W杯アジア2次予選/シンガポール(A)

  11月17日(火)
W杯アジア2次予選/カンボジア(A)

16年3月24日(木)
W杯アジア2次予選/アフガニスタン(H)

   3月29(火)
W杯アジア2次予選/シリア(H)

N=中国で開催予定。

  
 幻滅させられたのは、なにもイラクのプレーぶりに対してだけではない。66分以降の日本の戦い方も酷かったと言える。
 
 本田、香川、宇佐美に代わり、3人揃って途中出場した永井、原口、武藤がボールを持てば「俺が、俺が」と言わんばかりのアピール合戦。シュート0本に終わった大迫が試合後に「みんながみんなゴール前に入ってきて……。スペースがなかった。顔を出してパスをもらおうと思っても、良いスペースがありませんでした」と苦笑いしながら話したように、ゴール前では“エゴによる交通渋滞”が起きていたのだ。
 
 親善試合、しかも3-0とリードすれば、アピールしたい気持ちは多少なりとも理解できる。とはいえ、彼らのアピール合戦は「チームこそスター」と明言しているハリルホジッチ監督のスタンスに合致するものではない。むしろ、チームプレーに背く行為のように映った。

 このアピール合戦については見解が分かれるところだろう。ただ、見逃せなかったのは、85分に投入された直後の山口のプレー。エリア付近までドリブルで持ち込み、良いタイミングで最前線の大迫にスルーパスを送ったあのプレーこそ、“程良いエゴ”と“協調性”の両方がブレンドされたプレーではなかったか。

 
 後半に限れば、守備の乱れも気になった。なかなか自分の間合いに持ち込めなかった右SBの酒井宏はどこか危なっかしく、GKの川島も相変わらず状況判断が甘い。ピンチが少ない試合でこそ求めたい安定感が、このふたりには欠けていた。
 
 そもそも川島については、なぜ先発起用したのかという疑問がある。スタンダールでは昨年12月から定位置を失い、試合勘の欠如が指摘されていた彼は案の定とも言うべきか、60分になんでもないように見えたボールをパンチングミス。失点になっても不思議ではないピンチを招いた。
 
 Jリーグではいずれもトップクラスのプレーを披露している西川、権田、東口を差し置いてまで川島のスタメンにこだわる理由はどこにあったのか。
 
 ハリルホジッチ監督は今回メンバー発表の席で「クラブであまりプレーしていないのに選んだのは、彼よりパフォーマンスが良い選手を見つけられなかった」と説明しているが、イラク戦で判断するかぎり川島のプレーに説得力はなかった。いずれにしても、この親善試合を経て「欧州組だから優遇されるのか」という論争は加速しそうだ。
 
 アジア予選を見据えると、4ゴールという収穫を喜ぶよりも守備面での不安解消に主眼を置くべきだろう。「突き詰めれば課題も出た。守備の局面では、ブロックを作るべきところで作れず、取りどころを定められなかった」という長谷部の見解は的を射ている。
 
 アジアカップのUAE戦ではまさに取りどころが定まらず、不用意にカウンターを食らって失点。結局、その1点に苦しむ展開となり、PK負けを喫している。

 同じ過ちを繰り返さないためにも、“相手軽視”のスタンスは捨てたい。この日のイラク戦でさえ、失点のピンチはあったのだ。油断すれば、6月16日のシンガポール戦ではカウンターから守備網を引き裂かれる恐れがある。
 
 ワールドカップ予選は、あくまでワールドカップ予選。課題を突き詰めて、本番初戦に臨みたい。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)