Copyright c Little-High, All rights reserved.

写真拡大

石材店の社長兼ストーンアーティストである伊藤博敏さんによる個展「自遊石」が、6月11日(木)から6月23日(火)まで開催される。会場は東京の中野ブロードウェイ内のアートギャラリー・リトルハイ。

【石の中から覗く歯が衝撃的 石材店社長によるストーンアート展「自遊石」の画像・動画をすべて見る】

伊藤さんは、家業の石材店を営みながら、石を使用したアート作品を制作。アトリエヌーボーコンペ審査員賞や、第2回トリックアートコンペ優秀賞など数々の賞を受賞し、世界で高い評価を得ている。

同展では、石にファスナーを縫い付けたような作品や、石の中に歯が入れられた作品など、遊び心のつまったストーンアートが展示される。

もはや石とは思えない驚異の技術力


自遊石



伊藤さんは、石材加工業の傍ら、天然石を加工したストーンアート作品を制作。人々に石の魅力を伝えるため、その高い加工技術を活かして、ユニークかつ表情豊かな作品をつくり出している。

また、日本のみならず、シカゴやニューヨーク、ボストンなど海外でも個展を開催。石を使用したシュールでインパクトのある作品に、国内外から注目が集まっている。

これまで伊藤さんは、石と異素材のパーツを組み合わせたり、食べ物や布、紙などを石で表現したりするなど、独自の発想で作品を制作。冷たく、重たいイメージを持つ石の概念を根本から覆すような表現を行っている。

今回の個展では、石の表面に取り付けられたファスナーの中から歯が覗く衝撃の代表作「口の堅い奴等」をはじめとした、摩訶不思議な石の作品が発表。

もはやただの石ではなく、新たな命を吹き込まれた生き物のような作品たちがお迎えしてくれるようだ。

Copyright c Little-High, All rights reserved.

3cd08af900976677f968c71fa19e8913