高画質・高音質な軽量・薄型タブレット

写真拡大

ソニーモバイルコミュニケーションズは、10.1型Androidタブレット「Xperia Z4 Tablet」のWi-Fiモデル「SGP712JP」を2015年6月19日に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は7万6000円前後(税別)。

ハイレゾ音源や、既存音源をより高音質にする「DSEE HX」など音響面も充実

フルHDの約2倍の画素数を持つ高輝度の約10.1型WQXGA(2560×1600ドット)液晶ディスプレイを装備。大画面ながら、従来モデルと比較して額縁の幅を左右約30%、上下約17%削減した。厚さ約6.1ミリ、重さ約389グラムと、ソニーマーケティングによれば10型以上のタブレットにおいて世界最薄・最軽量を実現したという。IPX5/IPX8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能を持つ。

CDを上回る高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源の再生が可能なほか、CDやMP3などの圧縮音源をアップスケーリングする独自の「DSEE HX」により、既存の楽曲をより高音質で楽しめる。高音質なワイヤレス音楽再生が可能な音声圧縮技術「LDAC」も備えるなど音響面も充実させた。

OSは「Android 5.0」をプリインストール。プロセッサーはQualcomm製のオクタコア(8コア)「Snapdragon 810」を搭載。メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。microSD/microSDHC/microSDXC対応メモリーカードスロット(最大128GB)を搭載する。バッテリー容量は6000mAhで、連続動画再生時の駆動が約17時間。カラーはホワイト、ブラックの2色。