イラク戦のMOMは先制点をアシストした柴崎…代表採点『俺ガゼッタ』

写真拡大

 キリンチャレンジカップ 2015が11日に行われ、日本代表とイラク代表が対戦。日本は本田圭佑や槙野智章らが得点を決め、4−0で勝利した。

 試合後、サッカーキングでは『俺ガゼッタ』と題し、出場選手をユーザーに10点満点で採点してもらい、各選手の寸評、総評、日本代表でその日一番活躍した選手を選出してもらった。

 採点では、先制点をアシストするなど、好パスを幾度と無く披露した鹿島アントラーズのMF柴崎岳がチーム最高の「7.3」(最高点10、最低点1)を獲得し、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2位には先制ゴールを決めたミランの本田がランクイン。「6.9」と高評価を得ている。

 また、「みんなの総評」では、「今までの日本のサッカーよりもレベルがいくつも上がってるような気がした。W杯が期待できてきた」、「前半のプレーを後半も継続出来れば、「2015年は、ひとつも負けない」が現実になると思う」と好意的なコメントがある一方で、「全体的に強化試合には程遠いものでした。もっとW杯を意識した相手とマッチメイクして欲しいし選手も意識して欲しい」と、より本番を意識した試合を望む声も多かった。

 各選手の採点とユーザーからの主な寸評は以下のとおり。(※12日の12時現在。最高点10、最低点1)

■ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
採点:6.7(投票数:1229)
主な寸評
▽前回の縦ポンから次のステップに入った試合を見せてくれたので、この先も楽しみ。
▽交代枠で初召集選手を見る交代は良かった。あとは本番どうなるか。
▽就任三ヶ月でこの出来は素晴らしい!今後も期待!!!

■川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
採点:5.5(投票数:1217)
主な寸評
▽やはり、試合勘が影響している雰囲気だった。
▽失点こそ無かったものの危ない場面で対処しきれなかった部分がある。
▽無難に守った。少しプレーゾーンが広がったようにも見えた。

■酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)
採点:5.5(投票数:1235)
主な寸評
▽「意外に良い」が率直な感想。サイドバックの引き合いでは完全にイラクを上回った。
▽クラブのときはもっと鋭いピンポイントクロスあげてるから。
▽前半の印象が良くなかったけど、試合を通してみれば及第点。

■吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
採点:5.9(投票数:1180)
主な寸評
▽ハイボールに課題。安定感はあったが、全体的にチェックが甘かった。
▽ひやりとしたミスもあったがそれ以外は安定していた。
▽うーんクリアミスが気がかりだったけどそれ以外は可もなく不可もなくでした!

■槙野智章(浦和レッズ)
採点:6.4(投票数:1237)
主な寸評
▽強い相手にどれだけやれるか見てみたい。今日は合格。
▽森重とのレギュラー争いどっちになるだろうと思わせてくれた。
▽今の代表のムードを変えてくれたと思う。あせらず今のままでがんばれ。

■長友佑都(インテル/イタリア)
採点:6.1(投票数:1259)
主な寸評
▽いつものようなキレキレ感がなかった。
▽チームのために走り続けたがクロスの精度がいまいち。
▽運動量は豊富だが、まだまだ。

■長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
採点:6.5(投票数:1272)
主な寸評
▽別格の安定と安心。よく周りを確認していて、ヒデを思い出す。
▽チームの要として、攻守に頑張っていた。彼の存在がチームを安定させている。
▽全体のバランスをとるプレーと巧みなボジショニング。

■柴崎岳(鹿島アントラーズ)
採点:7.3(投票数:1525)
主な寸評
▽開始直後のアシストを含めて圧巻の試合運び。 縦パスの精度は一級品。
▽パサーとしてだけでなく、ファーストディフェンダーとしても高く評価出来る。
▽素晴らしい状況判断!もっともっと上を目指して欲しい。

■香川真司(ドルトムント/ドイツ)
採点:5.8(投票数:1366)
主な寸評
▽寄せが中途半端。さすがにテクニックあるが。躍動感がほしい。
▽トップ下の仕事は出来ていたと思うが、点を取らなくちゃダメでしょう。
▽やはり日本の10番。運動量とテクニックで相手を翻弄。

■本田圭佑(ミラン/イタリア)
採点:6.9(投票数:1482)
主な寸評
▽完璧な抜け出しからのゴールは今シーズンの彼の成長を見せつけるものだった。
▽攻守にわたって、安定のプレー!若手に刺激をうけ、さらにキレが良かった!
▽先制点で流れを掴み主役の1人だと思う。ミドルもポスト直撃と惜しい場面もあった。

■宇佐美貴史(ガンバ大阪)
採点:6.9(投票数:1491)
主な寸評
▽得点こそなかったがチームを機能させる活躍が目立った。代表の中でもっとよくなる可能性を感じた。
▽センス溢れるプレーで、代表の左サイド候補の中では頭一つ抜きん出てることを示した。
▽得意のドリブルでチャンスを演出していた。スタミナに課題。

■岡崎慎司(マインツ/ドイツ)
採点:6.8(投票数:1338)
主な寸評
▽3度の決定機で1ゴールの結果を出すも、エースストライカーとしてはもう少し決定率をあげたい。
▽攻撃はもちろん、守備にもすごく貢献していて素晴らしい選手。
▽ますます上手くなっているが、もう一点はとれた。

■永井謙佑(名古屋グランパス)
採点:5.4(投票数:1149)
主な寸評
▽クロスの精度、アイディアが足りない。技術不足が浮き彫りになった。
▽抜け出しは良かったがクロスをあげるのが遅い場面があった。
▽今回はあまり目立つプレーは見られなかったが、個人的にはかなり期待したい。

■原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
採点:6.2(投票数:)
主な寸評
▽代表初ゴール。 シュートの意識、仕掛ける意識も悪くない。
▽本当に得点したかったのでしょう、そして、得点出来たことは評価されるでしょう。
▽短い時間できっちりと結果を残し、ハリルホジッチ監督にアピールをした。

■武藤嘉紀(FC東京)
採点:5.5(投票数:1352)
主な寸評
▽ずば抜けて速いときがあったけど、クロスに合わせる対応力鍛えたい。
▽シュートは確かに打っていたけど、プレーが雑に見えた。
▽縦へのスピードは十分!点に絡む効果的なプレーは改善の余地あり。

■大迫勇也(ケルン/ドイツ)
採点:5.7(投票数:1247)
主な寸評
▽悪くは無いけど良くもない。 代表の1トップを張るには物足りない。
▽もう少し時間があれば良かったのでしょう。でもがんばっていました。
▽周りの濃さに押された感じ もうちょっと我を出してもいい気も。

■谷口彰悟(川崎フロンターレ)
採点:5.5(投票数:1079)
主な寸評
▽空中戦は光るものがあるが、無難なプレーに終始。
▽ハイボールの処理で自身のストロングポイントを示した。
▽代表初出場を感じさせず、落ち着いてプレーし、ハリル戦術を再現しようと試みた。

■山口蛍(セレッソ大阪)
採点:6.0(投票数:1057)
主な寸評
▽久々に元気な姿が見れてよかった。次はもっと長い時間出れるといいね!
▽インターセプトからの攻撃は彼らしい感じに見えた。短い間に色が出せた。
▽他の選手のコンディションや、対戦相手次第で貴重なプラスワンになれる。