Doctors Me(ドクターズミー)- 20〜30代の女性に増加中の 「顎関節症」とは?

写真拡大

■ 顎関節症の症状はどんなもの?

「顎関節症」はあごの関節付近に何らかの異常があり、口が開けにくい、あごが痛む、あごの関節がカクカク鳴るといった症状の総称です。

一口に顎関節症と言っても、固いものを食べるとあごが痛くなるがすぐ元に戻る、といった軽症のものから、口を開けること自体が困難になって食事ができなくなる、あるいは手術が必要な重症のケースまで幅広く見られます。

ストレスが最大の原因!?

原因としてはかみ合わせの異常にあると長く考えられてきましたが、最近ではそればかりでなく、後天的なもの、例えば、歯ぎしりや歯を食いしばる、歯をカチカチ鳴らす癖や、頬杖をつく、電話をあごの下に挟む、食べるときに片側の歯ばかり使うなどの習慣も、顎関節症の原因になるといわれています。また、柔らかい食べ物が増えている昨今、かむ力が弱くなっていることも原因のひとつではないかといわれています。

そんな、数ある原因の中でも特に大きく注目されているのが、顎関節症とストレスの関係です。おそらく皆さんが経験されているように、仕事や勉強、人間関係などでストレスがあると知らず知らずのうちに顔の筋肉に力が入り、歯を食いしばったりすることがあります。夜間よく眠れなくなったり、寝ている間にもいやな夢を見たりして、歯ぎしりをされる方もいるでしょう。

実はこのストレスによる歯の食いしばりや歯ぎしりなどが、顎関節症の非常に大きな原因なのではないかと言われています。

■ 改善には十分な安静とストレス改善が有効

顎関節症の治療はセルフケアが中心となり、痛みがあるときは口を無理に大きく開けない、固いものを食べない、食べ物はなるべく両奥歯でかむなどしてあごに負担をかけないことが大切です。あごの安静により80%の方は改善するという話もありますので、十分な安静をとったうえで、ストレスの関与に心当たりがある場合は、リラクゼーションや水泳などの全身運動を取り入れ、ストレスの軽減をはかるとより効果的な治療となるでしょう。

さまざまな原因が、考えられますが日々強いストレスを感じている場合は、ストレスを溜め込まず、こまめリフレッシュをするようにしましょう。