仮想現実コントローラ Oculus Touch 発表。両手にひとつずつ、位置検出やフォースフィードバック対応

写真拡大

伝統的ゲームコントローラの象徴ともいえる Xbox One コントローラの同梱発売を発表したOculus ですが、没入型バーチャルリアリティにふさわしい独自のコントローラもまた別に用意しています。

写真はOculus VR社が発表した新型コントローラ Oculus Touch のプロトタイプ。両手にひとつずつ持ち、手や腕の動きと位置を認識するモーションコントローラとしての機能と、指先で正確に押せる物理トリガーやボタン、スティックなど伝統的コントローラの要素を備える点が特徴です。

持ち方はこんな感じ。棒部分はWiiリモコンのようなスティック状モーションコントローラや、従来型ゲームパッドの片手分を切り出したような形状です。

サーベルのハンドガードのような円い部分は外部のセンサと連携して、手の正確な位置や角度を検出する役割があります。プレイステーションのPS Moveコントローラでは光る玉をカメラで撮影して認識していましたが、Oculus Rift はヘッドセットとOculus Touch双方の位置や動きを認識する外付けのカメラ(スタンド付き)も同梱です。

Xbox One コントローラは両手を揃えて使わざるを得ませんが、Oculus Touch は仮想世界で操縦桿や銃、ハンドル、剣と盾 etc になり、両手それぞれの動きと位置も入力として扱えます。

仮想現実向けにはヘッドセットなどに奥行きカメラベースのモーションセンサを取り付け、素手の動きを取り込む試みもありますが、Oculus Touchは手に持たせることで、動きと物理的な手応えのあるボタン(指先の微妙な動きの正確な認識)、フォースフィードバックを両立します。

本日公開された Oculus Touch コントローラは試作品。Oculus Rift ヘッドセットが一般向けに発売される2016年1-3月には間に合わず、来年前半の出荷予定です。