収入や外見じゃない!「運命の人」を見極める11のサイン

写真拡大

理想のタイプは、得てして外見や年収、性格などで語られることが多いようです。しかし、「Elite Daily」の恋愛コラムニストであるPaul Hudson氏は、2人でいるときに感じる気持ちにこそ「運命の人」を見極めるポイントがあると記事にしています。

あなたの横にいる人は、運命の人?それとも…。

01.
いつでもHAPPYな
気持ちにさせてくれる

誰だって幸せになりたくて恋をします。だけど、誰よりも幸せにしてくれると思っていた人が、苦痛の原因になることだってあるんです。そんな状況に陥ったら抜け出すのは簡単ではありません。周りが助けてあげることも難しく、結局は自分で解決するしかないのです。

「人生は短い」ということを忘れないでください。幸福のつもりが「絶望」の日々を過ごしていたら、いい人生を送っているなんて言えません。

02.
ワクワクさせてくれる

運命の人と一緒なら些細なことにもワクワクし、何気ない毎日が楽しくなるものです。その人に会うのが楽しみになり、一緒に過ごす時間、目覚める瞬間が喜びで溢れます。離れている時間だって、その人に会うことを思うだけで胸躍る気持ちになるでしょ?

03.
自然体になれる

ピッタリ気の合う人となら、いつでも素の自分でいられるもの。飾らない自分を愛し、自然体で過ごせるような人はかけがえのない存在です。

04.
安心感がある

自分のことすらどうなるか分からないくらい、この世は不安でいっぱいです。そして安心感を求めてしまうのは、恋愛関係でも同じ。人生の中で確かなものなんてありません。そんななかで、自分を決して見捨てない確かな愛を感じられる人こそが、手放してはならない存在なのです。

05.
希望を与えてくれる

「人生は素晴らしいものになる」という希望、「孤独になることはない」という希望、そして、「いつも夢に描いてきた人生を送れる」という希望。あなたが思い描いてきたこれらの希望を与えてくれる存在、その人こそ間違いなく“運命の人”だと言えるでしょう。

さらに「世の中そんなに悪くない」「世界は愛で溢れている」という新たな希望も教えてくれるはず。

06.
一歩を踏み出す
勇気をくれる

運命の人は「自分を信じる勇気」、「挑戦する勇気」をくれます。どんなに自尊心が強く知識があっても、どんなに自信ややる気があったとしても、一人では決断できないことに直面する時が必ずやってきます。

そんなときに、そっと背中を押してくれるパートナーの存在の大きさは言うまでもありません。

07.
好奇心を刺激

この世界は驚きに満ちています。でも、多くの人がそんなことを忘れて退屈な毎日を過ごしがちです。そうこうしているうちに、好奇心さえも失ってしまうのです。

もしあなたが、一緒にいるだけで子どもの頃に帰ったような気持ちになったり、身の回りのことに好奇心が湧いてくるような異性に出会ったら、それは未来を共に描く人かもしれません。

08.
等身大の自分になれる

「自分自身が好きになれない」という人もたくさんいます。だからこそ無条件に愛してくれる人の存在は、大切なのです。

誰かに叱られたり馬鹿にされたりすることも多い毎日のなかで、ありのままの自分を愛してくれる人の支えがあれば、他の人にどう言われようと気にならなくなります。

09.
“偶然”というキセキ
を実感させてくれる

「運」とは不思議なもの。なくても生きていけますが、自分の身にやってくると嬉しくて仕方ありませんよね。運命の人に出会う確率は、宝くじに当選するようなものなのかもしれません。その人との幸せな時間を過ごすだけで、世界一幸運だと感じることができるでしょう。

10.
不安になる

もちろん、わざと駆け引きをする人というわけではありません。その人にはどうしようもできないような些細なこと、例えばスマホの電池が切れる、フライトが遅れる、危険にさらされるといったことで、あなたがその人の最悪のケースを想像し、とてつもなく不安に陥る。

そんな人が心の中にいるのであれば、本当に大切な人が現れた証拠です。

11.
ときには惨めになることも

実際、あなたのすべてのニーズを満たしてくれる人間なんて、この世には誰ひとり存在しません。たとえ運命の人だったとしても、あなたを悲しませることだってあるでしょう。でもきっと、運命の人はあなたを笑顔に変えるため、あらゆる手段を尽くしてくれます。

いつの日か、どちらかが先立ってしまうこともあるでしょう。そんな別れの日を思うだけでも、切なくて苦しくなってきませんか。でもそれは逆に「それだけ愛する人がいる」という、喜ぶべきことでもあるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily