Doctors Me(ドクターズミー)- 産後トラブルを回避!正しいケアで心と体を労ろう

写真拡大

産後は心と体が悲鳴を上げている!?

女性の多くは、生涯のうちに妊娠・出産という、一大イベントを経験します。赤ちゃんが産まれると喜びに満たされますが、じつは産後は心身ともに疲弊しているので、非常に不安定な状態ともいえます。

「マタニティーブルー」、「産後うつ」といった言葉がありますが、出産後は精神的な変化や、ホルモンバランスの崩れなどにより、さまざまなトラブルが起こりやすい時期でもあるのです。このようなトラブルを回避するためにも、産後のケアはとても大切になります。

産後6〜8週間はしっかり休養

産後6〜8週間は、妊娠前の体に戻ろうとし、さまざまな変化が起こります。このことを「産褥期」、「産後の肥立ち」といいます。この期間はもっとも大切な時期で、ゆっくり休養を取る必要があります。そして、次のことに気をつけて過ごすようにしましょう。

<産褥期に気をつけること>
・体を冷やさないようにする
・目を疲れさせないようにする。テレビやパソコン、携帯を見ることを控える
・食事制限や、激しい運動をしない
・友達や知人などとコミュニケーションを取り、一人で考えたり、悩まないようにする
・規則正しい生活、栄養バランスのよい食事を摂るようにする

骨盤の開きを治して、元の体型に戻すには

その他、女性にとっては産後の体型も気になるころ。特に、出産の影響で大きく開いてしまった骨盤に悩む女性も多いと思います。そんな骨盤を元に戻すうえで役立つのが、骨盤ベルトです。また、産後ガードルも効果が期待できます。しかし、体を無理に締め付けないようにしましょう。