酒井宏樹、守備面に満足もクロスに課題「FWを信じて入れていく」

写真拡大

 キリンチャレンジカップ2015が11日に行われ、日本代表はイラク代表と対戦し、4―0で勝利した。試合後、フル出場したDF酒井宏樹が記者団の取材に応じている。

 試合後に酒井は、「僕と(長友)佑都くんはカウンター対策をしっかりしていたし、(吉田)麻也くんと槙野(智章)くんは集中していたので、そこで取って二次攻撃、三次攻撃ができていたのはよかったと思います」と守備面に満足を示した。

 だが、「カウンターの場面はDFラインは集中しないといけないですし、前に比率をかける分、僕たちが集中してカウンターの芽を摘まないといけない」と続けると、「僕も含め何回か危ないシーンがあったので、集中してやらないといけない」と、カウンターを警戒。

 その上で、「状況に応じて、高い位置であればファウルもしないといけない。僕たちがするんじゃなくて、ボランチや前の選手がするのは必要になってくると思います」と主張している。

 また攻撃面では、「2本ぐらいしかクロスをあげられていないので、でも、最後の1本は狙ったところに落とすことができたし、入ってないから結果いいボールではないですけど、そこはFWを信じて入れていくしかないです」と語ると、「90分やってゼロに抑えて4点取れたのはよかったと思いますけど、もっとクオリティの部分では」と、クオリティに課題を残すと明かした。

 日本代表は16日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選でシンガポール代表と対戦する。