縦に早いハリル流も徐々に浸透…香川真司「前の意識はすごくある」

写真拡大

 日本代表は、11日に行なわれたキリンチャレンジカップ2015でイラク代表と対戦し、4−0で勝利を収めた。先発出場したMF香川真司が、試合後に記者団の取材に応じている。

 同試合では、香川がキッカーを務めたCKからDF槙野智章のチーム2点目となるゴールに繋がった。「あのへんに蹴れればだいたい良いかなと思ってたんで、それ以上求めずにやってました」とCKの際に考えていたことを明かした香川は、「マキ(槙野)が決めたことはよかったと思います」とコメント。さらに、「練習していきたいなと思います」と、CKキッカーに意欲を語った。

 また同選手は、「前の意識はすごくありますし、特に前の3人がうまくそこの意識がある」と、徐々にヴァイッド・ハリルホジッチ監督の縦に早いサッカーがチームに浸透していると語ると、自身のプレーについては、「結構、ボランチがマンマーク気味についてたんで、逆にスペースを空けたり、自分が動くことによってスペースを空けましたし、そういうことは意識しました」と明かしている。

 日本代表は16日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選でシンガポール代表と対戦する。