イラク戦ベンチ外の清武、右足骨折が明らかに…練習で負傷し手術へ

写真拡大

 ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣が、代表合宿中に右足を骨折していたことが明らかになった。11日、同クラブ公式HPが伝えている。

 日本代表の医療スタッフとハノーファーのドクターやディアク・ドゥーフナーSD(スポーツディレクター)による話し合いの末、清武は手術を行うことが決定。復帰までは数週間かかる見通しとなっている。

 なお、清武は11日に行われたキリンチャレンジカップ2015のイラク代表戦でベンチ外となっていたものの、チームは4−0の快勝を収めている。