最終ホール、惜しくもバーディパットを決められなかった小林(撮影:ALBA)

写真拡大

<シンハコーポレーション タイランドオープン 初日◇11日◇サイアムカントリークラブ プランテーションC(7,295ヤード・パー72)>
 国内男子ツアーとワンアジアツアーの共催大会、「シンハコーポレーション タイランドオープン」がタイのサイアムカントリークラブを舞台に開幕。初日の競技を終え、“ハンパない”でお馴染みのキム・ヒョンソン(韓国)が7アンダーで首位に。1打差の2位には地元タイのパヌポール・ピッタヤラット、2打差の3位にはオーストラリアのジョシュ・ヤンガーが入った。
国内男子ツアーのここまでを写真で振り返る
 日本勢の最高位は3アンダー9位タイの?田好宣と星野英正。2アンダー23位タイには深堀圭一郎、1アンダー37位タイには塚田陽亮、増田伸洋、小林伸太郎、宮本勝昌、宮里聖志、堀川未来夢らがつけた。小田孔明は4オーバー125位タイ、池田勇太は5オーバー136位タイと大きく出遅れた。
 深堀は前週のツアー選手権で今季初の予選突破。アイアンを3年前に使っていたモデルに戻して以来、距離感が良くなり復調傾向に。「クラブを変えたり、楽に打てるようにしようとしたり」とまだ試行錯誤の段階ながら、ようやく明るい兆しが見えてきた。この日は4連続バーディを奪い、一時は首位に。「コースもいいし、気持ちよく打てた。集中力は高まってきているし、悪いショットを減らせればいい」。残り3日間で復活への歩みを前に進めることができるか、ベテランの奮闘に期待したい。
 小林は日本プロで4位タイに入り注目度が上昇した新鋭。インコースから出た小林は深堀同様一時は首位に立ったが、折り返し後の2番パー5でボールに泥が付くなどの不運もあり、ボギーに。続く3番パー3ではダボとスコアを落としー1でホールアウト。アンラッキーでスコアを崩したが、「今日は“ママ”と楽しくラウンドできました」。
 小林は今季のアジアツアーのQTをラウンドした後、このコースをスポンサーと2度ラウンド。その時についたキャディに今回も担いでもらい、50代のその女性キャディを“ママ”と呼んでいるそうだ。「早くシード権を確保したい」とこの試合でも日本プロ以来の上位フィニッシュを狙っている小林。頼りになる相棒と、明日はさらに上位を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>