Doctors Me(ドクターズミー)- 妊娠中も体を動かしたい! どんなスポーツが最適?

写真拡大

お産をラクにするためにも、妊娠中も適度にスポーツを!

妊娠中、どのくらい体を動かしてよいものなのか、赤ちゃんに影響はないのか……、と不安に思われるお母さまは多いと思いますが、絶対安静というわけではありません。

動かないでいると、かえって体力が落ちてしまい、結果的にお産が順調に進まなくなってしまうことも。妊娠の経過に問題がなければ、出産をラクにするためにも適度な運動を心がけることは大切です。

妊娠中は、リラックスしてできるスポーツがおすすめ!

では妊婦さんにはどのようなスポーツがよいのでしょうか。

最も大切なポイントは、安全に行えること。
たとえば、水泳、ウォーキングや軽いジョギング、エアロビクス、ヨガなどがあります。これらは、全身の筋肉をバランスよく使いながらも、お腹に力を入れすぎることがないので、安全に行うことができるのです。

また、妊娠後期になりお腹が大きくなっても継続できるという点も魅力ですね。この中より、自身が楽しめるものを行うのがよいでしょう。

産院ではマタニティヨガの教室を設けているところもあるので、他の妊婦さんとの情報交換の場としても活用でき、気分転換にも◎。

妊娠中に避けたいスポーツ

逆に、妊婦さんにとって好ましくないスポーツは、人や物とぶつかったり、転倒したりする危険が高いものです。

たとえば、バスケットボールやバレーボールなどの球技は、選手同士やボールがお腹に当たってしまうリスクがあるので、避けましょう。その他、スキーやスケート、登山も転倒リスクの他、途中で体調不良になってもすぐに病院に行けないので、控えたいですね。

よく自転車も妊婦さんにはよくない、といわれていますが、こちらは絶対にダメというわけではありません。ただ、お腹に力が入りすぎてしまったり、お腹が大きくなるとバランスを崩して転倒しやすくなるので、乗るときは十分に注意する必要があります。

いずれのスポーツも、体調や妊娠経過によっては行えないこともありますので、必ずかかりつけの先生に相談してから行うようにしましょう。