代表初先発も存在感…宇佐美「内容はすごく良かった」

写真拡大

[6.11 キリンチャレンジ杯 日本4-0イラク 日産ス]

 日本代表は11日、日産スタジアムで行われたイラク代表とのキリンチャレンジ杯に4-0で快勝した。同代表はこの後、16日にW杯アジア2次予選の初戦となるシンガポール戦を行う。

 FW宇佐美貴史が待望の先発デビューを飾った。3月のウズベキスタン戦で代表初ゴールを決めた宇佐美。以降、所属するガンバ大阪でも結果を出し続け、日本代表が板についてきた。そして迎えた先発の座。得点こそなかったが、前半32分のFW岡崎慎司のゴールをアシストするなど、しっかり存在感を見せつけた。

「いいアクセントを付けるというか、自分らしさを出したいと思っていましたし、ゴールを演出するプレーが出来ればいいと思っていた」と代表初スタメンについて話した宇佐美は、「前半の序盤から圧倒することが出来たと思いますし、内容はすごく良かったと思います」と手ごたえを語る。アシストの場面についても「コースが空いたのでドリブルで突き進んで、あとは岡ちゃん(岡崎)がいいところに動いてくれたので、渡すだけでした」と納得の表情で話した。

 16日からはW杯予選が始まる。「しっかり準備して出番もらえられば貢献できるように頑張りたいと思います」。プラチナ世代を引っ張る23歳が日本をW杯に導く。


●ロシアW杯アジア2次予選特集