岡崎のゴールを演出…代表初先発の宇佐美は「自分らしさ」を意識

写真拡大

 日本代表は、11日に行なわれたキリンチャレンジカップ2015でイラク代表と対戦し、4−0で勝利を収めた。

 試合後、代表初先発を果たしたFW宇佐美貴史は、「何とかアクセントをつけるというか、自分らしさを出したいと思っていましたし、ゴールを演出するプレーができれば良いなと思っていました」と、試合での意識を明かした。

 そして、「前半の序盤から圧倒することができたと思いますし、内容はすごくよかったと思います」と試合を振り返ると、岡崎慎司のゴールを演出した場面については、「コースが開いていたので、あそこにドリブルで突き進んで、あとはもう岡ちゃんが良いところに動いてくれたので、出すだけでした」とコメントした。

 日本代表は16日、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選でシンガポール代表と対戦する。宇佐美は、「しっかり準備して、出番を貰えれば貢献できるように頑張りたいと思います」と同試合に向けて意気込みを語った。