Doctors Me(ドクターズミー)- 陰性か陽性か反応が変わる?正しい妊娠検査薬の使い方

写真拡大

陰性か陽性か反応が変わる、正しい知識と妊娠検査薬。

生理が遅れている?もしかして妊娠かも?そう思ったら妊娠検査薬で調べる人がほとんどですね。身近になった妊娠検査薬ですが、「1度目は陰性だったのに、次は陽性になった」やその逆に「陽性から陰性になった」といった話はたまにあります。正しい知識と使い方で、確実に妊娠しているかどうかを確認しましょう!

妊娠検査薬は、棒状の検査キットの先に、直接もしくはコップに取った自分の尿をかけて調べます(実際に使う際は、必ず添付の説明書で確認してくださいね)。妊娠すると、”hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)”というホルモンが分泌されるようになりますが、このホルモンが尿の中にも出てくるので、それを妊娠検査薬で調べています。

陰性から陽性に…妊娠検査薬を使うベストなタイミング

前述した通り、妊娠検査薬はhCGというホルモンが尿内に出たかどうかで、妊娠しているかどうか(陰性か陽性か)を判断していますので、このホルモンが出る適切なタイミングで妊娠検査薬を使用するのがベストです。

「一度目は陰性だったのに、後日測定し直したら陽性になった」という方がいらっしゃいますが、これはhCGの分泌量が少ないときに確認したからということになります。

通常hCGは、受精卵が着床してから3〜4日で分泌されはじめ、妊娠2〜3ヶ月目が分泌量のピークになります。これをふまえ、hCGの分泌量が十分増えた時、目安としては生理予定日が一週間過ぎた時に妊娠検査薬を使用するのが良いでしょう。

生理周期が不順な人は、できれば基礎体温をつけておくことが望ましいですが、もし自分の生理予定日がわからない場合には、性交渉をした日から3〜5日目が妊娠検査薬を使用する目安となります。陰性と出た場合にも検査のタイミングが早かった可能性もあるので、日を置いて改めて試してみてください。

妊娠以外でも妊娠検査薬が陽性反応となることも!

妊娠検査薬で陽性と出ても、妊娠していると決まったわけではありません。実は、妊娠以外でも妊娠検査薬が陽性と出ることがあります。

<妊娠検査薬で妊娠じゃないのに"陽性"反応が出る原因>
1. 流産
実際には流産しているのに妊娠検査薬で陽性が出てしまうことがあります。

2. 子宮外妊娠
本来、子宮に着床するはずの受精卵がなぜか子宮以外の場所に着床してしまった場合を言います。これは気がつかずに放置していると大出血などを起こし、命に関わる場合もあります。