片桐仁 不条理アート粘土作品展「ギリ展」

写真拡大

コントユニット・ラーメンズのメンバーであり、俳優の片桐仁さんによる粘土作品の展覧会「ギリ展」が、7月10日(金)から7月26日(日)まで、イオンモール幕張新都心内のイオンホールにて開催される。

【ラーメンズ片桐仁、粘土道を爆進! 不条理アート集結の「ギリ展」開催の画像・動画をすべて見る】

今展覧会は、片桐さんが16年に渡って「何かに粘土を盛る」という方法で創作してきた作品群の展覧会となる。

使いづらいけど芸術が爆発している!


「プリンの処女」

「プリンの処女」



多摩美術大学出身で、もともと造形物をつくることが得意だった片桐さんは、ラーメンズや俳優としての活動のかたわら、粘土作品を創作し続けてきた。

その作品は、中世ヨーロッパの拷問具を模した形状で冷蔵庫のプリンを他人から守る「プリンの処女」や、おにぎりを収納できてしまう「オニギリ型土偶」など、既製品に粘土を盛った、シュールでユニークなものばかり。

6月9日には、母校である多摩美術大学にて片桐さんによる特別講義が行われ、150名以上の生徒が熱心に聴講するなど好評を博した。

「オニギリ型土偶」

「オニギリ型土偶」



「ギリ展」では、16年間作品をつくり続ける中で、心情やコンセプトの変化など、「アーティスト・片桐仁」としての赤裸々な思いがつまったバカバカしくも高い造形力を誇る作品が堪能できる。

また、展覧会の開催記念として一般応募による粘土作品のコンテストも行われ、優秀者の作品は会場で展示されるという。

さらに、親子で楽しめる子供向けのワークショップなども行われるので、あわせてWebサイトをチェックしてほしい。

カエルちゃん2011

カエルちゃん2011



左:ドライヤーサウルス、右:片pad

左:ドライヤーサウルス、右:片pad