日本は本田の得点を皮切りに4ゴールをゲット。交代枠いっぱいの6人の選手交代も行ない、多くの選手をテストした。

写真拡大 (全2枚)

 国際親善試合の日本対イラクは6月11日、日産スタジアムで行なわれ、日本が4-0で勝利を収めた。

【PHOTOギャラリー】2015.6.11国際親善試合|日本 4 -0 イラク
 
 日本は、Jリーグ得点ランクトップタイの宇佐美貴史が代表初スタメン。左ウイングに入り、CFの岡崎慎司、右ウイングに入った本田圭佑とともに3トップを構成した。
 
 中盤は、ボランチに柴崎岳と長谷部誠、トップ下に香川が起用された。最終ラインは、右から酒井宏樹、吉田麻也、槙野智章、長友佑都、GKには川島永嗣が入った。
 
 日本は立ち上がりからイラクを押し込み、5分には柴崎のスルーパスに反応した本田が抜け出すと、相手DFと競り合いながらもゴール右に流し込み、早くも先制点を挙げる。日本は攻撃の手を緩めず、9分にはCKから槙野がこぼれ球を押し込んで2点目。日本がさらにリードを広げる。
 
 その後も日本はテンポ良く攻め続け、12分に宇佐美が強烈なミドルでイラクゴールを脅かすと、15分には本田との連係で抜け出した岡崎が右足で狙い澄ましたシュート。しかし、これはクロスバーを直撃し得点にはならなかった。
 
 チャンスを逃し続けた日本だが、再びビッグチャンスが訪れる。32分、柴崎のスルーパスに抜け出した宇佐美がドリブルでDF3人を引き付けると、岡崎にタイミング良くラストパス。これを受けた岡崎が冷静にゴール右に流し込んだ。
 
 前半を3点リードで折り返した日本は、後半に入っても素早いパスワークでイラクを揺さぶっては、スペースを鋭く突く攻撃を見せる。しかし、65分に本田の強烈なミドルがポストを直撃するなど、惜しい場面は見られるものの追加点が生まれない。
 
 日本は66分に、本田に代えて永井、香川に代えて原口、宇佐美に代えて武藤を同時投入。さらに73分には岡崎に代えて大迫を起用し、3トップの顔ぶれは右から永井、大迫、武藤に変わり、トップ下に原口が入った。
 
 76分にはキャプテンの長谷部に代わって谷口がピッチへ。谷口はこれがA代表デビューとなった。
 
 84分、後半ゴールが遠かった日本に追加点が入る。柴崎の縦パスに反応した永井が前線で競り合い、そのこぼれ球を拾った原口がそのまま持ち上がりシュートを放つ。これがゴールネットを揺らし、日本がリードを4点に広げた。
 
 終盤は再び日本の攻撃が活性化されてきたが、その後追加点は決まらずタイムアップ。結局日本が4-0でイラクを下した。日本は、6月16日にワールドカップ・アジア2次予選の初戦となるシンガポール戦に臨む。