Doctors Me(ドクターズミー)- ホントはどっち?野菜ジュースは体にいい?それとも悪い?

写真拡大

忙しい毎日が続くと、どうしても食事が不規則になりがちで、なかなか栄養面まで気が回らないですよね。野菜の一日あたりの摂取目安は350gといわれていますが、多忙な日々を送っている方にとっては、難しいと感じる人も多いはず。そんな時、役に立つのが野菜ジュース。手軽に買える上に保存も効き、最近ではフルーツをミックスしたものやジュース用に野菜の味を改良していたり、味もだいぶよくなってきています。そのいっぽうで、野菜ジュースには栄養が無い……という声も。そこで今回は、そんな野菜ジュースのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

野菜ジュースのメリット・デメリット

<デメリット>
野菜ジュースは加工品のため、食事で取る野菜やサラダと栄養分が同等というわけにはいきません。加工過程では裏ごし、加熱といった処理を施しているものもあり、そうすると不溶性の食物繊維や、美肌効果のあるビタミンCなどが失われているケースもあります。

<メリット>
いっぽうで、野菜ジュースのほうが、体内に吸収されやすい成分もあります。それが、トマトのリコピンや、人参のベータカロテン。これらは、生野菜よりもジュースにしたほうが効率的に摂取できるので、トマトジュースや人参ジュースはおすすめ! また、女性にうれしい鉄分や、むくみを予防するカリウムなどはジュースにしても減らない成分です。

野菜不足を感じたら、やっぱり野菜ジュース!

使われている野菜、そして塩分や糖分に気をつければ、野菜ジュースは体にうれしい飲み物といえそうです。もちろん、日常の食事でとる野菜の代わりにはなりませんので、メインは食事で。そして、どうしても忙しいときなど、野菜ジュースに頼る、といったバランスが大切です。

医師からのアドバイス

野菜ジュースが大好きという方なら、ミキサーで作る自家製野菜ジュースがおすすめ。市販のものよりもフレッシュで栄養価が高いものができます。ぜひ試してみてください。