2015年5月27日に参議院で可決された「新医療保険制度」を知っていますか?

写真拡大 (全6枚)

 ネオマーケティングは、5月29日〜6月1日の間、20〜69歳の男女1,000人を対象に「肥満」をテーマにしたインターネットリサーチを実施した。

 同調査で、『5月27日に参議院において可決された新医療保険制度を知っていますか?』と聞いたところ、90.9%の人が「知らない」と回答し、「知っている」と答えた人は9.1%だったという。

 新医療保険制度は、年間約40兆円にも上る“医療費の抑制”を目的に作られたもので、肥満改善時における、保険料減額や健康器具の交付などを含む、予防・健康づくりにおけるインセンティブ付与が、ひとつの項目として盛り込まれている。

 今回、ネオマーケティングが行った「肥満」に関する調査で、新医療保険制度を知っていると回答した人たちに、『可決された新医療保険制度のうち、知っている項目はどれですか?』と尋ねたら、「入院時の食事代の引き上げ(54.9%)」「紹介状なしでの大病院受診時における負担増(42.9%)」「月収121万円以上の会社員の保険料引き上げ(40.7%)」などの回答が多かった。一方、「予防・健康づくりにおける保険料減額、健康器具の交付といったインセンティブ付与」を知っていると答えた人は、19.8%しかいなかった。

 そこで、『新医療保険制度、特に予防・健康づくりにおける保険料減額、健康器具の交付といったインセンティブ付与を受けて、肥満対策を強化したいですか?』という質問をしたら、「強化したい(23.8%)」「まあまあ強化したい(47.4%)」と答えた人の合計が71.2%だった。

 また、BMI値が25以上の肥満の人(500名)に、『結果に関わらず、肥満改善に取り組んだことはありますか?』と尋ねたら、70.0%の人たちが「はい」と回答した。

 続いて、肥満改善に取り組んだことがあるという人(350名)に、『肥満改善に取り組んで、改善しなかった理由』を聞いたところ、1位は「なかなか体重が落ちず、途中で挫折してしまった」、2位は「意志が続かなかった」、3位は「面倒になってしまった」という結果になった。

 このほか、食事で肥満・健康対策をしたい、またはしていると答えた人(554名)に、『食事で対策する場合、最も摂りたい食品』を尋ねたら、45.3%の人が「トマトやレタスなどの野菜」と回答してトップに。その他としては、「タンパク質が豊富な大豆や肉類(13.5%)」「野菜ジュース(9.9%)」「もずくやわかめなどの海藻類など(9.7%)」「雑穀類や玄米などの未精製穀類(6.0%)」という回答もあった。