写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーシーで2016年4月15日〜2017年3月17日、開園15周年を祝うアニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"」を開催することが11日、明らかになった。

世界のディズニーテーマパークで唯一、"海"をテーマにしたテーマパークとして、2001年9月4日に誕生した東京ディズニーシー。2016年に15周年を迎えるアニバーサリーイヤーに、"Wish"をテーマとして、さまざまなプログラムを展開していく。

"Wish"とは、未来を思い描き、そこへ向かうワクワクする気持ち。東京ディズニーシーでの新たな冒険の旅を通じて、ゲスト一人ひとりがもつ"Wish"がさらに輝くようにとの思いが込められている。"Wish"の象徴は、色鮮やかなクリスタル。期間中、パーク内はさまざまなクリスタルをモチーフとしたデコレーションで彩られるほか、ディズニーの仲間たちのコスチュームや、グッズ、メニューなどにもクリスタルが輝く。

同イベントのオープニングを飾るのは、15周年期間限定でメディテレーニアンハーバーで公演される新ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」。さまざまな願いを持ったディズニーの仲間たちが旅の案内役として登場し、新たな冒険への旅立ちを盛大に祝う。

また同日、ブロードウェイ・ミュージックシアターで公演中の「ビッグバンドビート」が、2006年7月の公演開始後、初めてショー内容やコスチュームを一部変更し、リニューアル。さらに、2016年春〜夏には、ロストリバーデルタの「ハンガーステージ」でも、プロジェクションマッピングの技術を用いた新しいミュージカルショーがスタートする。

同じく15周年を迎えるパーク内のホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでも記念企画を実施。2016年4月15日より、館内は祝祭の雰囲気あふれる装飾が施されるほか、3つのレストラン&ラウンジで特別メニューが登場する。

(C)Disney