ドコモの「しゃべってコンシェル」技術を応用した「おはなしロボット」

写真拡大

タカラトミー(東京都葛飾区)は、NTTドコモと共同開発したクラウド型おはなしロボット「OHaNAS(オハナス)」を2015年10月1日に発売する。価格は1万9800円(税別)。

スマホ/タブレットからクラウドと接続、自然な会話が可能に

NTTドコモの「しゃべってコンシェル」の技術を応用した「自然対話プラットフォーム」を採用。話しかけると、ちょっとした疑問に答えてくれたり、ニュースや天気などの最新情報をリアルタイムで教えてくれるなど、「あたかも人と会話するように、自然にユーザーをサポートする」という。

自然な話し言葉に対する応答を生成する「しゃべってコンシェル」のほか、前後の文脈などから文章を読み取り最適な会話ができる「文章正規化機能」、「外部コンテンツ連携機能」、「キャラクター風発話変換機能」、「ユーザー情報自動抽出機能」などの技術を搭載する。

iOS8.3以降、Android 4.2以降対応の無料アプリをインストールしたスマートフォン/タブレットとBluetoothでペアリング。意図解釈機能などを備えた各種クラウドサーバーと接続することで、単体型ロボットでは難しかった自然な会話が可能になるという。電源は別売の単2形アルカリ乾電池3本を使用。