テニスをしたわけでもないのに「テニス肘」と診断されてしまう……。テニス肘は前腕から肘にかけての痛みが特徴の病気です。長時間にわたるパソコン作業やスマホの使いすぎもテニス肘の原因になります。最近はスマホ、タブレット、パソコンの使い過ぎによるテニス肘の方が増えているようです。

手首周辺を酷使することがテニス肘の原因だった!

テニス肘の正式な病名は、「上腕骨外側上顆炎」または「上腕骨内側上顆炎」です。テニスもしていないのに? と思う人も多いのですが、テニス肘の原因は手関節の周辺を酷使すること。もともとは、テニスのラケットを振ることでテニス肘になる人が多く、テニス肘と呼ばれるようになったのですが、パソコンやスマホを長時間にわたって使い続けると、手首に負担が掛かり、テニス肘の原因になるのです。

テニス肘になってしまった時の対処法は?

テニス肘になってしまったら、とにかくできるだけ手首に負担をかけずに安静にすることが大切です。症状が重い場合、湿布や鎮痛剤を処方されることもありますが、今までと同じように手首を酷使しては、テニス肘はよくなりません。でも、仕事でパソコンを使うといった場合、使わないでいることはムリでしょう。そこで、少しでも手首に負担を与えない対処法をご紹介します。

パソコンを使う時は手首を反らさない

手首を反らすと、手の腱がひきつれるような感じがあると思います。この体勢は思った以上に手首の負担となります。パソコンを使う時は、指先が手首より下になる状態で作業しましょう。手首を反らすクセのある人は、慣れるのがたいへんですが、頑張りましょう。手首にパソコン用のクッションを使うのも一つです。

痛みがある方の手や腕はできるだけ使わない

手首に負担を与えないという意味では、痛みの症状がある方の手をできるだけ使わないことも大切です。重いカバンなども反対側の手で持つようにします。できるだけ、症状のある側の手首を安静にしておきましょう。長時間スマホを使うという方も、いつもとは反対の手で操作するようにします。

ねじれを解消するストレッチを

スマホやタブレットをしている時、自然に手のひらが上になり、長時間手首がねじれた状態になっています。こまめにストレッチをしてねじれを解消しましょう。

テニス肘はもはや現代病といってもいい病気です。仕事ができなくなる前に、なんとか対策をして予防しておく必要があります。


writer:岩田かほり