新たに「麦めし」メニューを搭載(写真は、「炊きたて JKT‐V1型」)

写真拡大

タイガー魔法瓶は、内なべに土鍋コーティングを施したIH炊飯ジャー「炊きたて JKT‐V1型」を、2015年6月21日に発売する。

「麦めし」メニューを搭載

新たに、「麦3割」がおいしい「麦めし」メニューを搭載。大麦の特性にあわせたプログラムでニオイを抑えて、毎日続けられるおいしさを実現した。簡単に炊けるよう、無理なくはじめられる「麦1割」と、健康効果に優れた「麦3割」を選べる専用計量カップや麦めし専用の水位線を内なべに設けた。

土鍋ごはんのおいしさにこだわった、「土鍋コーティング」&「W銅入5層遠赤特厚釜(2.5ミリメートル)」は、土鍋で炊くごはんのおいしさに近づけるため、土鍋に含まれている素材を金属釜の内側と外側にコーティングした。

炊飯ジャー1台で、おいしいごはんとおかずが同時にできる「tacook(タクック)」は、別のおなべでおかずをつくる手間が省けるので、家事の「時短」と光熱費の「節電」ができる、たのもしい機能。また内なべと、メニューの材料を入れたクッキングプレートをセットして「白米」メニューを選択して炊飯キーを押せば、炊飯中の蒸気がクッキングプレートの中の食材を加熱して同時に調理する。

くっきり見やすいクリア液晶。独自の脱着構造で、ふたをしっかり洗浄できる「ふた丸洗い」を採用した。専用のクックブック付き。

色は、ブラウンステンレス。また同時に、「炊きたて JKT‐G1型」と、銅入3層遠赤釜を採用した「炊きたて JKT‐B1型」を発売する。

いずれも、オープン価格。