グーグル、自律走行車の「事故レポート用ページ」を新設

写真拡大

グーグルは、6月に自律走行車の事故が2件連続して起こったことを公表するにあたり、毎月のレポートを発表していくウェブページを新設した。

「グーグル、自律走行車の「事故レポート用ページ」を新設」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルの自律走行車は、2009年に路上テストを開始して以来、13回の事故に見舞われてきた。

グーグルは2015年5月、6年間にわたる自律走行車の試験のなかで11件の「軽微な交通事故」があったことを明らかにしていた(日本語版記事)が、その後、短期間に続けて2回の事故が生じたことになる。

グーグルの広報担当者ジャクリン・ミラーは6月はじめ、各メディアに対して、「昨日マウンテンヴューで、赤信号で停車中にまた追突されました」と書いたリリースを送信した。

「先週だけで2回、信号で完全に停止しているところを後ろから追突される事故がありました。180万マイル(約290万km)に及ぶ自律走行と手動運転で、小さな衝突が13回ということになりますが、自律走行車が原因となった事故は依然として一度もありません」

今回の新たな事故公表にあたり、グーグルは、自律走行車プロジェクトに関するレポート専用のウェブページを新設。

このページからリンクされた「Document Cloud」ではすでに、これまでの各事故のデータと説明を含む、最初の月次レポート(2015年5月分)が掲載されている。

(関連記事)2040年、クルマの未来:運転は完全自動化され、人は幸福になる

TAG

Arstechnica USAutonomousCarCarGoogle