アップルはニュースを制するか

写真拡大

アップルが、iOS9に搭載されるニュースアプリ「News」を発表した。すでに巨大プレイヤーたちがあふれるなかで、アップルはニュースを制することができるのか。

「アップルはニュースを制するか」の写真・リンク付きの記事はこちら

アップルは、新しい無料のニュースリーダー「News」を発表した。ニュースを配信する各社は、Newsを使うことで記事をiOSアプリ上に直接組み込むことができるという。新アプリはFlipboardのようなインターフェイスをもっており、アップルのアプリを開きながら、まるで配信社のウェブサイトを見ているような体験をすることができる。

このアプリには、発売時点ですでに数社のコンテンツ協力会社がついている。例えばニューヨーク・タイムズ、バズフィード、クォーツ、ESPN、そしてWIREDの親会社であるコンデナストだ(サンフランシスコで開かれたWWDCでは、光栄にも『WIRED』の記事がデモに使われた)。

アップルのスーザン・プレスコット副社長によれば、Newsは「モバイル上での最高の読書体験」となるそうだ。「これまでになく美しいニュース体験になると思います」

アップルはそのハードウェアで、世界で最も価値のあるブランドに成長した。しかしNewsのようなアプリの登場は、人々がそのハードウェアを使って楽しむコンテンツへと、同社の関心が向けられていることを意味するのだろう。

だがNewsの登場によって、アップルはほかのニュースリーダーとの競争にさらされるだけでなく、巨大なソーシャルメディアのプラットフォームとも真っ向勝負をすることになる。

アップルはニュースを制するか

Newsは、今日のデジタルニュースの読者層のニーズを反映している。アップルの従来のニュースアプリであるNewsstandと異なり、ユーザーはフィードを自由にアレンジして記事を読むことができる。さらにNewsはユーザーの好みを学び取り、過去に読んだ記事をもとに別の記事を紹介してくれる。「ニュースはスマートになります」とプレスコットは言う。「多く読めば読むほど、関心に合った記事を紹介してくれるのです」

そのスマートな機能と見た目の美しさがあっても、アップルがユーザーを新しいニュースアプリに集めるのは簡単ではないだろう。App Storeで「news reader」と検索すると、1,069個のアプリが表示された。「news」だけだと23,275個だ。そこにはFlipboard、Feedly、Newsify、Google News、Smart Newsが含まれる。モバイルアプリとしてはCNN、Fox、NPR、BBC、NYTimes、NBC、BuzzFeedがあり、そしてもちろん、TwitterとFacebookがある。

アップルがNewsのビジネスモデルで参考にしているのは、このFacebookだ。

配信各社は自社のディスプレイ広告をNewsのなかでそのまま販売し、100パーセントの広告収入を手に入れることができる。そしてアップルも自社の広告プラットフォーム「iAd」を用いてアプリ内で広告を売ることができ、iAdを利用するパートナーには広告収入の70パーセントが渡される。この広告収入の分配の割合はまさしく、Facebookのフィード上で記事を読むことのできるサーヴィス「Instant Articles」と同じである。

(関連記事)“今度は”成功するか、Facebookの新サーヴィス「Instant Articles」

アップルのニュースリーダーについては、配信社側も考える必要があるだろう。配信社は、Facebookなどのサードパーティから必要以上に大きな管理を受けたりせずに、自社のコンテンツをできる限り広める方法を模索しているからだ。

Newsを用いれば、各社は何億台ものiPhoneに最初から組み込まれているアプリを通じて、多くの読者に記事を配信できることになるだろう。しかしその道を選べば、アップルが将来的にはメディア全体を支配するかもしれないということも受け入れなければならない。

TAG

AppAppleNewsWIRED USWWDC