Doctors Me(ドクターズミー)- いくつからでも大丈夫!子どもの「おねしょ」を改善する3つのコツ

写真拡大

その1 寝る前にトイレにいく習慣をつけましょう

おねしょは、基本的には身体が成長して膀胱容量が大きくなってくると、自然に減ってくることがほとんどです。

ただ、日中もしょっちゅうトイレにいくようなお子さんですと膀胱容量がまだ少なかったり、膀胱にたまったことに対して排尿の反応が過敏だったりすることもあります。

その2 おねしょをしなかった日は褒めてあげましょう

おねしょをしなかった日は褒めてあげましょう。また、一緒に記録を残していくと、それ自体が励ましとなり、改善につながるかもしれません。

同時に、我慢できる尿の量を次第に増やすよう、昼の間に子供を訓練することも、助けになると思います。

その3 焦る必要はありません。

小学校に入っても寝るときのおむつが外せない子供はいますし、じっくり付き合っていけば大丈夫ですよ。

お薬での治療もないことはないので、あまり変わらないようであれば、かかりつけの小児科にご相談いただくのもよいかと思います。