『暗闇三太』ビジュアル

写真拡大

TV局・KBC九州朝日放送と映像スタジオ・イルカの共同制作による、ホラーをテーマに、KBC九州朝日放送にて2クール連続で放送されるTVアニメ2作が同時発表された。

【「幻の白黒アニメ」「緊縛×スタイリッシュ」…九州ローカルが斬新すぎるTVアニメ2作連続放送の画像・動画をすべて見る】

一つは、7月4日(土)から放送される、「1967年に制作された幻の白黒アニメ作品が発掘された!?」というコンセプトで制作された『暗闇三太』。

もう一つは、2015年秋に放送予定の、「緊縛×スタイリッシュ」をテーマに、実写映像をトレースしてアニメをつくり上げる「ロトスコープ」を用いた『こわぼん』。

いずれもローカル放送だが、公式サイトにて見逃し配信も行なわれる。

昭和の白黒作品をほぼ完全再現「暗闇三太」


軍艦島と暗闇三太

軍艦島と暗闇三太


1960年代の九州を舞台に、地獄から使い魔としてやってきた主人公・三太が、地獄と人間界とのバランスを取るという任務のため、様々な人間や、妖怪たちと出会い、奇想天外な行動で命題を実行していくというストーリーだ。



本作の企画・原案は、「ポケットモンスター」シリーズで知られる吉川兆二さん、演出アドバイスは、「ゴジラ」シリーズの怪獣デザインも手がける西川伸司さん、音楽は、「天外魔境II」などゲーム音楽の作曲で知られる福田裕彦さんなど、レトロ作品に造詣の深いスタッフが集結した。

毎週1時42分より本編3分の5分枠で放送され、全13回を予定。

KBC九州朝日放送の持つ豊富なアーカイブ映像を活用し、産業革命遺産の一つにも数えられる長崎県の無人島・軍艦島をはじめ、高度成長期当時の九州をそのままアニメ背景に使用し、昭和のアニメーションを再現した手法で制作するなど、細部までレトロ作品にこだわっている。

また声優には、日本初の声優プロダクションである青二プロダクションに所属する三輪勝恵さん、柴田秀勝さん、杉山佳寿子さんといった大御所から、新世代の人気声優M・A・Oさん、福岡発の人気アイドルユニット・LinQの姫崎愛未さんといった幅広いキャストが並んだ。

緊縛×スタイリッシュなホラー作品


『こわぼん』ビジュアル

『こわぼん』ビジュアル


一方『こわぼん』の詳細は明かされていないが、監督にILCAの竹谷和真さん、脚本に、人気アプリのドラマ化した『実在性ミリオンアーサー』などを手がけた熊本浩武さんが決定。さらに出演者には、上述のLinQから睫斃未さんと天野なつさんが発表された。



今後、公式サイトにてさらなる出演者も明かされていくとのこと。今回、これまでにないアプローチで制作されるアニメであるだけに、各方面から注目があつまりそうだ。